Google RCS

Googleは11月19日(現地時間)、次世代テキストメッセージサービスRCS(Rich Communication Service)のグローバル展開を完了し、次のステップとしてエンドツーエンドの暗号化に取り組むと発表しました。

RCSは、日本では+メッセージとして3キャリアが共同でリリースしていますが、Android標準のメッセージアプリがチャット機能としてRCSをサポートし、日本でもキャリアに関係なく利用可能になっています。ただし相手もチャット機能が利用できるのが条件。いまのところは、Android同士でしか使えません。

このチャット機能にエンドツーエンドの暗号化を施すというのがもう一つの発表です。まずは1対1のチャットから暗号化を展開するとしており、今月からベータテストを開始します。

プライバシー保護はもちろんですが、ライバルとなるiOSのiMessageでは、エンドツーエンドの暗号化が行われており、これに追いつこうとい思惑もあるのでしょう。

なんにしろ、プライバシーが守られるのであれば、ユーザーとしては歓迎したいところです。あとは、OS に関係なくAndroidとiOS間でもRCSが利用可能になるのを期待したいところです。

source: Google