米グーグルはウェブ版(デスクトップ版)の「Google 検索」にて、ダークモード(ダークテーマ)の設定を導入すると発表しました。

昨年5月には、iOS/Android版のGoogle 検索アプリにてダークモードを導入していたGoogle。さらに同年12月にはウェブ版でのダークモードのテストを行うなど、その正式導入が待たれていました。

ウェブ版のGoogle 検索にダークモードを反映すると背景が暗色に、そして検索窓や文字は白色にて表示されます。検索結果ページでは未読ページは青色、既読ページは紫色に。さらにダークモードは単純なオン/オフだけでなく、デバイスのデフォルト設定を反映することも可能です。

ダークモードへの切り替えは、「検索設定」→「外観」から可能です。ただし同機能は数週間かけて徐々にロールアウトされると案内されており、筆者の環境ではまだ利用できませんでした。

自社のさまざまなアプリやサービスへとダークモードを積極的に取り入れている、Google。有機ELディスプレイ搭載デバイスでは消費電力の削減も期待できることから、見た目が好みなら積極的に利用したいものです。

Source: Google

Via: 9to5Google