Google search
Google

Googleの検索結果には、よく知るメジャーなサイトはもちろんのこと、これまで知らなかったサイトからの情報が掲載されることがあります。その情報を信用していいのか確認するため、掲載サイトについて再度検索を行うということもよく行われていることです。

簡単な一手間ではありますが、Googleがこの手間を軽減する新しい仕組みをGoogle検索に導入しました。検索結果の横に表示されるメニューアイコンをタップすると、その掲載サイトに関する追加の情報が表示されるようになります。デスクトップのほか、AndroidのGoogleアプリでも利用出来ますが、表示されるのは、米国で英語での検索を行った場合に限られます。

追加の情報は、主にウィキペディアに掲載されている情報が利用されます。もちろん、すべてのサイトがウィキペディアに掲載されているわけではありませんが、その場合には、Googleが最初にインデックスした時期などを表示するとのことです。また、接続にHTTPSが利用されているかなども通知されます。

このほか、求人情報やローカルビジネスの情報など、Googleが提供している機能については、その情報をどのように入手しているのかについて説明が表示されるとのことです。

ユーザーにとっては、その情報を信頼するかどうかを簡単に判断するための指標にはなりそうです。少なくとも掲載サイトについて確認するため、ウィキペディアを表示する手間は省けるはずです。もっとも、ウィキペディアの情報が常に正しいわけではないことは意識しておく必要はありますが。

Source: Google