Google Family memo
Google

Googleは11月18日(現地時間)、これから始まるホリデーシーズンに向けて、家族で利用できるスマートディスプレイ向けの新機能を発表しました。

1つ目の機能は、スマートディスプレイの画面に付箋のようなメモを作成できるファミリーメモです。「OK Google、ファミリーメモを作成して」といったコマンドでメモを作成すると、スマートディスプレイの背景に24時間メモが表示され続けます。

さらにこのメモは、同じ家にあるすべてのスマートディスプレイに表示されるのが特徴。もちろん、メモを確認した場合には、その場で削除も可能です。ただし、特定の家族にのみ表示するといった設定はできず、メモは誰が見ても表示されます。

Google Smart Display
Google

2つ目は、子供の見守りアプリであるLife360と協力した、家族の現在地表示機能です。「OK Google、私の家族はどこ?」のコマンドで、スマートディスプレイ上に地図が表示され、家族がいる現在地を表示するようになります。これはLife360利用者だけではなく、Googleマップの位置情報の共有を行っている場合でも機能するとのこと。

これらの機能は、今年後半にスマートディスプレイ上に「Family」タブが追加され、そこからもアクセス可能になるとのことです。

いずれの機能もスマートフォンがあれば、わざわざメモを残さずにメールをすれば済みますし、位置情報も同様にGoogleマップで確認できます。ただ、家族全員がスマートフォンを持っているとも限らず、そうした場合には便利に使えそうな機能です。

このほか、8月にリリースされたFamily Bellにも、新しいサウンドやベルを一時停止する機能などが追加されています。ただ、残念ながらFamily Bellは日本では英語のみで日本ではまだ未提供。ということで今回追加される機能も日本で展開されるかは不明です。ただし、少なくともファミリーメモに関してはすでに日本語ヘルプも用意されているため、期待は持てそうです。

source: Google