Google、Nest Hub Maxでグループビデオ通話を可能に。米国で提供開始

親戚一同が顔を合わせることもできそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年06月26日, 午後 02:00 in Nest
0シェア
FacebookTwitter
Google Smart Display
Google

米Googleは6月25日(現地時間)、同社のスマートディスプレイNest Hub Maxにおいて、Google Duo、およびGoogle Meetを使ったグループビデオ通話に対応すると発表しました。まずは米国で提供されます。

これまでも、Nest Hub Maxを使った1対1でのビデオ通話は行えましたが、スマートフォンやWEBのGoogle Duoで利用出来るグループ通話には対応していませんでした。それがようやく対応することで、スマートフォンやPCを利用しない層とでも気軽にグループでのビデオ通話が可能になります。Google Duoでは、最大32人のグループビデオ通話に対応します。

たとえば、離れて暮らす両親はもちろんのこと、すでに独立している兄弟や親戚らと同時にビデオ通話を行えるようになります。Nest Hub Maxのフレーミング機能を利用すれば、キッチンで動き回りながらでも、カメラが画角を調整してくれるので見切れる心配がありません。なお、グループの作成にはDuoのモバイルアプリが必要です。

また、Nest Hub Maxだけではなく、LenovoのスマートディスプレイやJBLリンクビューなどサードパーティ製デバイスでも利用出来るとのこと。ただし、一回り小さいNest Hubはカメラを搭載していないため、Duoのビデオ通話は利用出来ません。

もう一つのMeetでは、最大100人のビデオ通話に対応。カレンダーに予定が入っていれば、「OK Google、会議に参加して」というだけでMeetに参加できるとのこと。Meetに関しては、Nest Hub Maxで最初に利用可能になるとしています。

Googleビデオ通話機能の米国外での提供予定はまだわかりませんが、なかなか皆で集まるということがしづらい中で、離れた人たちと気軽に繋がれる、重要な手段となりそうです。

source: Google

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Nest, Google Assistant, Google, smart home, smart display, Meet, Duo, news, gear
0シェア
FacebookTwitter