Google Home

5月末、Googleストアで初代スマートスピーカーであるGoogle Homeが「利用不可」表示になりましたが、どうやらGoogleは、その後継となるスマートスピーカーに取り組んでいるようです。

9to5Googleによると、「prince」というコードネームが付けられており、外観はNest MiniやNest Hubと同様にファブリック調でディスプレイはなく、Sonos Oneに似た感じだとのこと。サイズが大きい分、音質面も向上しており、Google Home以上、Google Home Max(日本未発売)以下と予想されています。

Googleアシスタントを使うための入出力I/Fとして考えるなら、手頃で設置場所にも困らないNest Miniで十分です。それ以外に、音楽再生時に少しでもいい音で聴きたいという人になら、princeのような音質向上を期待できるスマートスピーカーは一定の需要が見込めそうです。

Googleはほかにも、Chromecast後継らしいAndroid TVデバイス「Sabrina」をNestブランドでリリースすると伝えられています。princeがいつリリースされるのかは不明ですが、Sabrinaと同時に新しいNest製品として発表される可能性はありそうです。

source: 9to5Google