米Googleがスマートウォッチ製品を2022年に投入するとの噂を、Business Insiderが伝えています。

これまでも噂や特許情報をもとに、何度も報じられてきたGoogleによるスマートウォッチ分野への進出。著名リークアカウントのJon Prosserが今年公開した予想画像では、円形の文字盤とベゼルレスディスプレイが特徴のシンプルなスマートウォッチ「Pixel Watch(仮称)」の2021年中の登場が報告されていました。

Business Insiderの報告によると、Googleのスマートウォッチは「開発コード:Rohan」と呼ばれており、やはり丸い文字盤とベゼルレスディスプレイを採用するそう。また海外テックサイトのThe VergeはGoogle製スマートウォッチがFitbitのものよりも高価で、Apple Watchのライバルに相当するとしているのです。

本体機能としては、歩数計や心拍数センサーなどヘルスケア測定が可能。「Nightlight」と呼ばれる、Fitbitとの連携機能の搭載も示唆されています。またPixelスマートフォンが「Android OS」の進化をアピールしてきたように、Rohanも「Wear OS」の新機能を消費者に提示する役割を果たすとしています。

スマートウォッチ市場はスマートフォンとは異なり、高価なApple Watchの一強体制が続いています。これに対抗するにはOSとハードウェアの垂直統合的な開発体制が必要となるはずで、Rohan(あるいはPixel Watch)に期待される役割は大きなものとなるはずです。

Source: Business Insider, The Verge