CD Projekt Red
CD Projekt Red

何度か発売日を延期してきた『Cyberpunk 2077』の発売日(12月10日)が近づいてきましたが、この注目作の、クラウドゲームプラットフォームGoogle Stadia向けの4K画質トレイラー映像が公開されました。

開発元のCD Projekt Redはこのゲームの予告映像をGeForce RTXシリーズのレイトレーシング機能を適用した映像から、PS4 / Xbox One Xといった前世代版ゲーム機とPS5、Xbox Series Xで後方互換機能を使った場合のプレイ映像などを示しています。そして今回はクラウドゲームプラットフォームのGoogle Stadia向けのトレイラー映像の登場となりました。

クラウドゲームの映像クオリティはユーザーの回線環境にも左右されるため、この予告映像が必ずしも実際のStadiaでのゲームプレイの画質を反映するとは限りません。それでもクラウドゲームでも4Kならこれぐらいの画質になる可能性がある…という目安としては役立ちそうです。

なお、日本ではまだサービスが提供されていませんが、Google Stadiaはサービス開始済みの国や地域のユーザーに対し、12月17日までに自社のストアを通じて『Cyberpunk 2077』を購入すれば「Stadia Premiere Kit」なるバンドルセットを提供しています。このキットにはStadiaゲームコントローラーとChromecast Ultra、4Kゲームプレイに対応するStadia Proの1か月無料利用権が含まれます。もし十分に高速で安定したインターネット環境があり、4K画質で手軽にゲームを楽しみたいなら、Google Stadiaは良い選択肢かもしうれません。日本でもサービス開始の暁には、是非ともこのバンドルセットを用意して欲しいものです。

source:Stadia(YouTube)