Google Titan Security Key
Google

Googleが、2要素認証で利用するTitanセキュリティキーのラインアップ簡素化を発表しました。これまであったBluetoothタイプのセキュリティキーが廃止され、USB-AタイプとUSB-Cタイプの2種類のみとなります。

USB-Aタイプは従来と同じものですが、USB-Cタイプは新しくなりNFCに対応。これにより、両モデルともNFCをサポートします。Googleによると、NFCがAndroidやiPhoneで幅広く利用されているため、こちらに重点を置くとのことです。

Googleは2018年にTitanセキュリティキーを発売。Google自身もフィッシング対策として社員向けに導入しており、フィッシング被害が0件になったとしています。

その後、USB-Cタイプも追加され、3タイプが販売されていましたが、このうちBluetoothタイプについては、有力セキュリティキーメーカーのYubicoから「NFCやUSBと同等のセキュリティレベルを満たしていない」と批判されていました。

ちなみに、USB-CポートがあるiPadではUSB-Cのセキュリティキーが利用できますが、Lightningの場合は、Apple純正のLightning to USB Camera AdapterがあるのでUSB-Aタイプの利用を勧めるとのことです。

新しいTitanセキュリティキーは、すでに日本のGoogleストアにもページが用意されています。執筆時点では在庫なしとなっていますが、USB-Cタイプは4500円です。

Source: Google(1), (2)