米Googleはスマートテレビ向けインターフェイス「Google TV」に向けて、マルチプロファイルの導入やアンビエント機能の強化を発表しました。

現在Googleはスマートテレビ向けプラットフォームとして「Android TV」を提供しており、そこに採用されているインターフェイスがGoogle TVです。ややこしいことに、Android TVの前身となるスマートテレビ向けプラットフォーム(すでに開発終了済み)も「Google TV」という名称でした。

今回のGoogle TVの刷新ではマルチプロファイルが導入されたことで、家族が別々のGoogle アカウントを利用し、異なるテレビ番組や映画のおすすめ、あるいはウォッチリストやGoogle アシスタントの利用が可能になります。さらに、子供向けにコンテンツを制限したキッズプロファイルも用意されています。

Google TVでは現在、コンテンツを再生していないアイドル状態にてGoogle フォトの写真を表示するアンビエントモードが用意されています。そして今回の機能強化により、このアンビエントモードで天気やニュースなど、プロファイルに基づいた情報がカードとして提供されるようになります。また写真や音楽、ポッドキャストへのアクセスも可能です。

最後に、ライブ動画ストリーミングサービス「Philo TV」(国内サービス未提供)に加入している場合、Google TVのライブTV機能からFilo TVにアクセスできるようになります。

今回のマルチプロファイルと新たなアンビエントモードは、ソニーとTCL製のスマートテレビ、「Chromecast with Google TV」向けにまもなく提供が開始されます。マルチプロファイルはグローバルに展開されますが、新しいアンビエントモードはまず米国から提供されるとのこと。リビングなどに設置されたスマートTVでは家族全員が利用するケースも多いでしょうし、今回のマルチプロファイルは利便性だけでなく、プライバシーの保護という意味でも有効に利用できそうです。

Source: Google