Google Workspace map
Google

Googleは4月19日(現地時間)、Google Workspaceアカウント向けにGoogleカレンダーやGmailなどのクイックサイドパネルで、Googleマップが利用可能になると発表しました。

クイックサイドパネルは、Google KeepやToDoリストなど、ブラウザのタブを切り替えることなく、情報を確認できるウィジェット機能です。Googleマップの表示については、一般のGoogleアカウントでは2020年秋頃から利用可能となっていましたが、ようやくGoogle Workspaceアカウントにも追加されます。

Googleマップを表示可能になることで、カレンダーでスケジュールを検討する際に、訪問先の場所やそこまでの移動時間なども、画面を切り替えずに確認可能となります。

この機能は、Google Workspace、およびG Suite Basic、GSuiteBusinessユーザー向けに提供され、即時リリースドメインの場合にはすでに展開中。計画的リリースを選択している場合には、5月3日から段階的に提供される予定です。

在宅ワークが中心となっている場合には、あまり目立つ機能ではありませんが、今後、出社が基本となる日が戻ってきた場合には、役に立つ機能だと考えられます。

 

Source: Google