Google Map docomo bikeshare

シェアサイクルサービス「ドコモ・バイクシェア」のサイクルポート情報を「Google マップ」(Android / iOS)で確認できるようになりました。Googleの発表によると、対象地域は東京都と大阪府。対象地域については順次拡大予定としています。

日本で Google マップ を使って自転車ルートを確認できるようになったのは2020年9月。急な坂道やトンネルなどを避けて自転車専用レーンを表示してくれます。

そして今回、サイクルポートの場所や空き情報のほか、利用可能な自転車の台数を Google マップ で確認できるようになった形。さらに、最寄りのサイクルポートから目的地までの徒歩ルートも表示してくれます。

また、Googleは今回の発表に合わせて、「Google マップでは、最新の自転車ルートを提供するために、機械学習やアルゴリズムに加えて、公共機関やローカルガイドの投稿などを含む情報を活用している」ことも明らかにしました。

ちなみに、“赤い自転車”でおなじみの「ドコモ・バイクシェア」は、2015年にNTTドコモのシェアサイクル事業を継承する形で、子会社として創業。国内33エリアで約1万5600台が走行しています。2021年4月には、従来のテンキーでのコード入力による開錠方式からQRコード読み込みやFeliCa(フェリカ)での開錠方式に変更されました。

コロナ禍で混雑を避けて、通勤・通学をする人にとって、こうしたシェアサイクルのサービスは欠かせない存在になりつつあります。

Google Map docomo bikeshare
▲ドコモ・バイクシェア


Source:Google

Via:ドコモ・バイクシェア(プレスリリース) , 公式ページ