Google
Google

Googleは今後Googleマップに追加する新機能として、屋内でもARナビゲーション「ライブビュー」が利用可能となることや、環境に優しい(二酸化炭素=CO2排出量が最も少ない)ルート提案などを発表しました。

ライブビューはスマートフォンのカメラが捉えた映像を分析して「行きたい場所とは逆方向に歩いてる」などを伝え、AR表示により道案内をしてくれる機能です。これは「グローバルローカライゼーション」という技術であり、AIを使って何百億枚ものストリートビュー画像をスキャンし、ユーザーが向いている方角を割り出すしくみです。

本技術はすでに2年ほど前から採用されていますが、Googleは屋内でも物体の正確な位置や配置が理解できる新たな技術を取り入れ、空港や駅、ショッピングモールなど最もナビが難しい場所でも利用できるようになったと述べています。

この屋内ARナビは、3月30日時点ではシカゴ、ロングアイランド、ロサンゼルス、ニューアーク、サンフランシコ、サンノゼ、シアトル(以上、すべて米国)の一部モールにてAndroidとiOSで利用可能とのこと。今後数か月のうちに東京都チューリッヒの一部空港やショッピングモール、交通機関の駅で展開を始め、さらに多くの都市での展開が予告されています。

たとえば飛行機や電車を使うさいは、最寄りのエレベーターやゲート、手荷物受取所やトイレ、ATMなどをARの矢印ガイド付きで案内してもらえるそうです。またショッピングモールではお店の回数や行き方を確認できるとのことで、これまでのように建物の入り口まで案内された後は自力で売り場にたどり着くほかなかった状況が解消しそうです。

Google
Google

また昨年発表した「何十億もの人々が環境への負荷を軽減するための行動を支援する」コミットメントの一環として、近日中に最速ルートとETA(到着予想時刻)があまり変わらない場合は、CO2排出量が最も少ないルートをデフォルトで選ぶようになるとのことです。もっとも大幅に違う場合は、ユーザーは各ルートごとのCO2排出量が提示された上で選べると述べられており、環境への優しさが強制されるわけではなさそうです。

この環境に優しいルートは2021年内に米国にてiOSおよびAndroidアプリで提供が開始され、今後はグローバルに展開していく見通しです。

さらに6月からはアムステルダムやジャカルタなど「低排出ガス地域」を設けている地域では、事前に警告して別の交通手段やルートを選べるようにするとのこと。こちらは、まずドイツ、オランダ、フランス、スペイン、英国でAndroidおよびiOSアプリにて提供を開始し、やはり多くの国での展開が予定されています。

これまでは特に目印がない屋内でトイレを探すとき、限界が迫るなかで「まずフロアガイドを探す」というスリルが強いられてきましたが、今後はスマートフォンがピンチを救ってくれそうです。

Source:Google Blog

via:MacRumors