Roland Quandt / WinFuture
Roland Quandt / WinFuture

GoProの新製品Hero9 Blackは、正面、つまりレンズの付いた面にカラーディスプレイが搭載され、ビデオブロガー(Vlogger)やYouTuberは自撮り動画における移り具合を常に確認しながら撮影できるようになる模様です。

ドイツのIT情報サイトWinFutureは、Hero9 Blackとされる画像を掲載。これまでバッテリー残量や動画の設定情報を表示するだけだったミニディスプレイが、プレビュー表示用のカラーディスプレイになっている様子を示しました。なお、背面の画像には従来と同様のディスプレイがあります。

解像度やフレームレートなどの詳細はわかりませんが、将来的には5K撮影をサポートすると伝えられています。画像を見る限り、外観的には前面ディスプレイの変化のほかには、大きな変化はなさそうですが、底部には折りたたみ式のマウントアームがあり、追加でハウジングを用意せずともマウントに装着できるようになっています。

またHero8 Blackが4K/60p撮影対応だったのに対し、Hero9 Blackは5K対応になるのではといった予測も一部には出て行かす。

この製品の発売時期や価格などはまだわかりません。Hero8 Blackは事前の情報リークが2019年8月中旬、発売が10月下旬だったことを考えると、今回もそれぐらいの時期になりそうな気配です。