先日発売となったGoProの最新アクションカムGoPro HERO9 Black向けに、ミヤビックスから液晶保護フィルムが登場しました。

GoPro HERO9 Black向けのラインナップは、高光沢タイプ、低反射タイプ、傷修復・耐指紋タイプ、ブルーライトカットタイプ、高硬度9H・高光沢タイプ、高硬度9H・低反射タイプと、充実しているのですが、今回はその中から高硬度9H・高光沢タイプの「OverLay 9H Brilliant for GoPro HERO9 Black」を貼り付けてチェックしてみます。

関連記事:

自撮りもバッチリ GoPro HERO9 Black 速攻レビュー  5K動画撮影やWebカメラ化も可能

「OverLay 9H Brilliant for GoPro HERO9 Black」は、表面硬度9H素材が採用されているのが大きなポイントとなる保護フィルム。強化ガラス同等の硬度を誇るそうです。さらに電気特性、耐薬品生、耐候性、耐水性に優れ、フィルムにキズがつきにくくなっているとのこと。

▲カメラレンズ用、メイン(リア)画面用、、サブ(フロント)画面用の保護シートがそれぞれ1枚ずつとなっています。そもそも小さいので貼り付け難度は低め。

保護フィルムのタイプによっては液晶用だけになるようですが、高光沢タイプということでレンズ用の保護シートも同梱されていました。

▲保護フィルムなし。
▲保護フィルムあり。

だいぶわかりづらいとは思いますが、上の画像がレンズ用の保護フィルムありなしです。よーく目と凝らして見ないとわからないくらいには透明で、サイズもピッタリです。レンズに保護フィルムを貼ると、撮影に影響がありそうなものですが、保護フィルムありなしで見比べてみても違いは感じられませんでした。まあ、なにもないほうがいいに決まっているので、厳密にはあるんでしょうけれど。

液晶面の保護フィルムについては、指の滑りが良くなるのと指紋の残りが少なくなるのが好印象。もちろんサイズもピッタリ。ちなみに高硬度9H・高光沢タイプの場合は発色も良くなるみたいです。それでも光沢タイプなので、指の引っかかりや指紋の残りは多少あるので、気になるようなら低反射タイプを選んでもいいのかもしれません。このあたりは好みの問題でしょうか。

いずれにせよ、持ち歩いて使うことが多いアクションカムだけに、保護フィルムを貼っておくと安心感が高まります。しかも高硬度9Hとか言われたら落としても液晶に傷はつかない!大丈夫! 心配なし! とか思っちゃいますよね。落とさないですけど。