鬼才ゴードン・マレーのスーパーカー『T.50』公開。古くて新しい技術が「ルールブックを書き換える」

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年08月6日, 午後 08:30 in McLaren F1
0シェア
FacebookTwitter
Gordon Murray T.50

1970~80年代のF1にいくつもの名車を生み出した鬼才デザイナー、ゴードン・マレー氏が設立したGordon Murray Automotiveが、2022年に発売予定の究極のスーパーカー「T.50」を初公開しました。

このマシンは、かつてマレー氏が開発した「McLaren F1」のシルエットを色濃く受け継いでいます。マシンの中心にドライバーが着座し、その両サイドやや後方にパッセンジャーシートが配置されるレイアウトも、やはりMcLaren F1のコンセプトそのまま。実際、マレー氏はT.50を評し、McLaren F1を「考えうるあらゆる方法を駆使して」改良したと述べ「スーパーカーのルールブックを書き換える」マシンだと語っています。

Gordon Murray T.50

さらに近年のスーパーカーにありがちな大きなリアウィングや、ゴテゴテと表面に取り付けられたフィンやスカート、通気口などを極力排除。調和の取れたデザインは「ロードカー史上最も先進的かつ効果的」と謳うエアロダイナミクスとともに実現されているとのことです。ちなみに、このマシンの空力性能のチューニングは現在F1世界選手権に参戦しているレーシングポイントF1チームとの提携で行われています。

そして外観面で最も目をひくのが、車体後部に備えられた400mm径の巨大なファン。車体下部からエアーを導出することでダウンフォースを発生させつつ空気抵抗を減らす効果を生み出すこのファンは、マレー氏が1978年のF1世界選手権に投入してデビューウィンを飾ったものの、他チームからの抗議によりすぐにお蔵入りとなってしまったブラバムBT46Bから隔世遺伝したものです。

Gordon Murray T.50

ただしこのファンはBT46Bのような単純なものではなく、車体下面および後部のエアロパーツと連携して動作します。たとえばブレーキングの際はリアウィングが立ち上がると共にアンダーフロアのディフューザー効果を高め、ダウンフォースを瞬時に2倍にまで引き上げたりといった芸当が可能。走行シチュエーションに応じてウィング角やディフューザー、ファンの回転に対して自動的に複数のモードを切り替えます。

シンプルでありながら凝った作りのエアロダイナミクスとは対照的に、足回りは非常にシンプル。鍛造アルミニウム製のダブルウィッシュボーンサスペンションは車体の四隅に配置されており、ステアリングホイールはオーソドックスなラック&ピニオン式。低速時はパワステが作動し、高速走行になればそのアシストをオフにして路面の反応を感じやすくします。

ブレーキはブレンボのカーボンセラミックブレーキで、フロントは14.5インチのローターに6ピストンキャリパーを採用、リアは13.4インチローターと4ピストンキャリパーの組み合わせです。

T.50には専用に開発されたコスワース製の3.9リッターV12自然吸気エンジンが搭載されます。このエンジンは高強度アルミニウムブロックを採用、コンロッドや吸排気バルブ、クラッチハウジング、カムシャフトその他パーツをチタンを用い、わずか178kgにその重量を抑え込みました。

そのパワーは、9000pmで467Nm(47.6kgf・m)の最大トルクを発生、最大出力は1万1500rpmで663PS。レッドゾーンは1万2100rpmからとなっています。

Gordon Murray T.50

まるでレーシングカーのような高回転型エンジンだけにコントロールが難しそうですが、T.50には2種類のエンジン制御マップが用意されており、日常的な走行用のGTモードと、最高のパフォーマンスを引き出すPowerモードを使い分けることが可能です。現代のスーパーカーとしては珍しいかもしれないHパターン式6速マニュアルミッションも、AT限定免許の人以外には問題ないでしょう。

ここまで述べてきた要素をすべて抱え込むシャシーは、フルカーボンファイバー製で非常に高い剛性を備えるもの。モノコック構造のボディは150kgほどしかなく、車体全体の重量も986kg(乾燥重量は957kg)というとんでもない軽さになっています。

また左右のドアはMcLaren F1と同じバタフライ式ですが、ミッドに搭載するエンジンカウル部分も中央に配置したヒンジでガルウィング式に開閉する、非常にユニークな構造です。

Gordon Murray T.50

インテリアに目を移すと、最近のトレンドである巨大なディスプレイなどはなく、物理的な操作ノブやボタンで構成されているのがわかります。唯一目新しいのは、ドアミラーが廃されてリアビューカメラ式になっているぐらい。このあたりも運転に集中するドライバー細かいことを考えさせないための配慮と言えそうです。

ちなみにインフォテインメントツールはApple CarPlayとAndroid Autoに対応しており、決して今どきのトレンドをに背を向けたマシンではないことがうかがえます。

T.50の予定生産台数はわずか100台。1台の価格は236万ポンド(約3億2800万円)。生産開始は2022年1月で、車体もパーツ類もすべて英国内で生産されるとのこと。

Engadgetの姉妹メディアAutoblogによれば、まだわずかな台数なが予約枠はある模様ですので、ちょっとお金が余ってしまって世田谷あたりに家でも建てようかなとお思いの方は、クルマのほうを検討してみても良いかもしれません。特にT.50のような少量生産のスーパーカーは、性能だけでなく投資対象としても優秀なはずです。

Gallery: Gordon Murray T.50 | of 48 Photos

  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50
  • Gordon Murray T.50
    Gordon Murray T.50
    Image Credit: Gordon Murray T.50


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: McLaren F1, Gordon Murray, Brabham BT46B, Fan Car, supercars, T.50, Gordon Murray T.50, V12, cosworth, news, gear
0シェア
FacebookTwitter