Polyphony Digital / SIE
Polyphony Digital / SIE

10日早朝に配信されたPlayStation Showcaseより。ポリフォニー・デジタルが『グランツーリスモ7』の発売日が2022年3月4日に決定したことを発表、ショーケース用トレイラー映像を公開しました。PS4でもプレイが可能ですが、PS5に最適化された美麗グラフィックはおそらく家電店の大型テレビコーナーでこれから頻繁に見かけることになるでしょう。

最近のレースゲームは、登場するマシンのリアルさにおいて実物と見紛うほどのものが増えてきました。しかし今回公開された映像を見れば、マシンの曲線美、艶めかしさが目を見張るほど効果的に描写されているように思えます。たとえばクロームメッキ仕上げの金属光沢部や、光量の少ない夜間でのボディへの照明や風景の映り込み、レインコンディションでのフロントガラスの雨滴ひとつひとつの動きにいたるまで、まさに微に入り細を穿つ再現性で世のエンスージアストたちを魅了します。

ただ、あくまでこの映像はトレイラー用であり、実際のゲームプレイにおいてこのクオリティが維持されるかはまだわかりません。2020年6月の発表当時の映像では、ゲームプレイ映像は『グランツーリスモSport』との差がさほど大きくなかったようにも思えました。また物理演算エンジンに手が入るのか、AIカーのアルゴリズムももっと人間くさくなるのかといったところも気になるところです。

なお『グランツーリスモ7』では前作には含まれなかったキャンペーンモードを復活させ、そちらに力を入れて開発されているとされます。さらに「トライアルマウンテン」や「ハイスピードリンク」といった過去作で人気のサーキットがPS5クオリティにグレードアップして甦るほか、手に入れた車をチューニング、自分好みのカスタムする要素、ド派手にドレスアップができる「GTオート」も復活します。

Polyphony Digital / SIE
Polyphony Digital / SIE

また、Showcaseでは、PS5のDualSenseコントローラーのアダプティブトリガーに対応してブレーキングにおける振動なども再現するとのこと。PS5ならではの機能ではあるものの、そういえばレースゲームをよりリアルに楽しめるハンドルコントローラーは、ステアリングへのフォースフィードバックはあるものの、ペダルの踏み込みに対するフィードバックは無かったように思えます(ブレーキMODのようなものはありますが)。この点に関してはハプティックフィードバックを取り入れたペダルユニットをそろそろ作るところが合っても良い気がします。

『グランツーリスモ7』はPS4でもプレイ可能とはいえ、来年の3月まではまだ半年あります。まだPS5を入手できていないグランツーリスモファンは、発売までにしっかり抽選に応募してなんとか入手し、美しくも荒々しい、またはキュートなマシンたちを迎える準備を整えておきたいところです。あとさらなる延期は…無いことを祈ります。

Source:PlayStation