コロナ禍で家庭にいる時間が増加し、この機会に語学スキルを磨こうという人も多いそうです。今回紹介する「GoHERO」は、そんな語学学習にぴったりのペン型スキャン翻訳機。文字をなぞるだけで自動が翻訳してくれるスグレモノです。現在GREEN FUNDING支援を募集中。販売予定価格2万9800円が1万7900円になるなど、お得な早期割を実施中です。

「GoHERO」は、書いてある文字をペン先でなぞるだけで自動翻訳してくれるガジェットです。先端の高精度センサーが、最大33p、最小4pと小さな文字まで正確に読み取り、素早く翻訳してくれます。

翻訳結果は持ち手部分のディスプレーに表示。翻訳結果だけでなく、読み取った元文章も表示されるため、翻訳元と結果を確認しやすいのも特徴です。

自動翻訳は、文字をなぞるだけでなく音声認識でも可能。文字に特徴があって読み取れない場合や、ちょっとした単語の翻訳をしたい場合などは、単語を読み上げるだけで翻訳できます。翻訳結果を読み上げることもできるため、例えば「GoHERO」を使って外国の人と会話するといった使い方もできます。

翻訳可能な言語は49種112地域。日本ではあまり耳にする機会の少ない言語も対応しており、英語などメジャーな言語圏以外の文章や会話の翻訳もできます。

一般的な翻訳機や電子辞書にない機能として、AIによる会話機能が挙げられます。「AIロボット」のモジュールを起動させ、英語などで話しかけると、AIが適した返答を選択し、会話を返してくれます。語学学習では実際に「会話をすること」が重要ですが、「GoHERO」があればひとりでも会話学習ができるようになります。

電子辞書としての機能も有しているほか、気になる単語を「単語帳」のような形でまとめておくことも可能。復習したいフレーズはお気に入り登録しておけば、好きな時に再生できます。また、発音表も備えているため、正しい発生方法を学ぶこともできます。

小型軽量のシンプルな見た目ながら、便利な機能が盛りだくさんのペン型スキャン翻訳機「GoHERO」。大人だけでなくこれから英語を学ぶという小学生や、受験に挑む中・高生にもおすすめです。価格は2万9800円ですが、現在最大40%オフの1万7900円になる早期割を実施しています。受付は2021年5月31日までとなっています。