コロナ禍でリモートワークが増え、運動不足に陥っているという人も多いでしょう。とはいえ、フィットネスクラブに行くのも避けたいですし、ランニングやウォーキングに出掛けるのも面倒ですよね。そんな人におすすめなのが、室内にいながらサイクリングが楽しめるトレーニングマシン「RENPHO AI スマートバイク」です。現在「GREEN FUNDING」で支援を募集中。定価6万9800円が最大14%オフ、5万9800円になる早割を実施しています。

「RENPHO AI スマートバイク」は、AI内蔵のサイクルマシンです。80段階のスマートギアを内蔵しており、利用する人に適した負荷を自動的に調整します。適度な強度でサイクリングが楽しめる入門モードから、筋力を強化するパワートレーニングのコースまで幅広いトレーニングが楽しめます。

ただ自転車をこぐだけでは飽きてしまいがちですが、本機器は複数のトレーニングモードを搭載。トレーナーと一緒にトレーニングを楽しめるビデオモードや、接続したモニターに映し出された実際のサイクリングコースと連動するチャレンジモードなどがあります。チャレンジモードでは他のユーザーとの競争も可能で、よりアグレッシブなトレーニングが行えます。

トレーニングの結果は専用アプリで確認できます。発生エネルギー、回転数、心拍数といった情報はグラフで見ることができます。その日や週、月単位でどれだけトレーニングしたのかが分かるとモチベーションも高まるでしょう。

海外のユーザーとゲーム感覚で競えるサイクリングアプリ「Zwift」や「Apple Health」、「Google Fit」など複数のアプリのほか、スマートウォッチとも連携できます。他のユーザーと一緒にサイクリングを楽しんだり、健康管理アプリと連携させてより効率的なトレーニングを行ったりできる点も特徴です。

長いおこもりでの運動不足解消に貢献してくれるかもしれない「RENPHO AI スマートバイク」。複数のユーザーが登録できるので、家族みんなで楽しむといった使い方もおすすめです。「GREEN FUNDING」では2021年10月31日まで支援を募集中。定価6万9800円が最大14%オフ、5万9800円になる早割を実施しています。この機会にスマートバイクでのエクササイズに挑戦してみてはいかがでしょうか。