アウトドア、災害時に役立つ4.5kgのポータブル電源「IZELL-IP27 Portable Battery」

スマホなら約60回充電可能

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年09月16日, 午前 09:15 in portable
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

昨今、アウトドアレジャーの人気が高まるにつれて「ポータブルバッテリー」の需要が高まっています。ちょっとした調理器具やスマホの充電など、あれば何かと役立つポータブルバッテリーですが、大容量なのはもちろん、できれば軽量でコンパクトだとうれしいですよね。そんな「わがまま」に応えてくれるのが、今回紹介する「IZELL-IP27 Portable Battery」です。現在GREEN FUNDINGで支援を募集中で定価7万1500円のところ、個数限定の早期割として4万2300円で購入可能です。

GREEN FUNDING

GREEN FUNDING

「IZELL-IP27 Portable Battery」は13万9200mAhもの大容量が最大の特徴。スマートフォン(1960mAhモデル)は約60回の充電、タブレット(6000mAh)は約20回充電が可能。他にも約35W出力の小型冷蔵庫は約14時間、液晶テレビも約6時間稼働します。出力ポートはAC、USB、Type-Cなど全10ポート。幅広いデバイスに対応しています。

GREEN FUNDING

Type-Cポート、DC 19V/5A、DC 12-24V(ソーラー充電)、シガーチャージと充電方法は全部で4種類。どれか一つだと環境によって充電不可能という状況に陥りやすくなりますが、4つの方法でカバーすることであらゆるシーンに対応可能。どの充電方法でも、おおむね10時間前後でフル充電となります。※ソーラーパネルは別途準備する必要あり

GREEN FUNDING

大容量のポータブルバッテリーは大型になりがちですが、本製品は260×203×171mmとかなりコンパクトなサイズ。重量も4.5kgと大容量モデルとしては軽く、さらには可搬性を重視した一体型デザインです。3段階のLEDライト機能と、視認しやすい液晶表示板で、アウトドアシーンだけでなく、災害時でも役立ちます。

GREEN FUNDING

GREEN FUNDINGでは、定価7万1500円のところ、個数限定の早期割として4万2300円で購入可能です。募集締め切りは2020年10月31日23時59分まで。レジャーシーンだけでなく、万が一に備えて購入するのもいいかもしれません。

GREEN FUNDING

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: portable, IZELL, Portable Battery, greengadget, greenfundings, news, gear
0シェア
FacebookTwitter