GREEN FUNDING
GREEN FUNDING

 

複数のUSB機器を充電するために、拡張ハブを重宝しているという人は多いでしょう。ただ、最近は充電しないといけない機器が増えており、3、4ポートくらいでは足らないというケースもあります。今回紹介するUSB-C拡張ハブ「HUNDA 15 in 1 USB-Cハブ」は、9種14ポートを備えており、ワイヤレス充電まで可能な、1台あると便利なアイテムです。現在、GREEN FUNDINGで支援を募集しており、最大33%オフの9900円で購入できる早期割を実施中です。

「HUNDA 15 in 1 USB-C ハブ」は、9種類合計14個のポートを備えた拡張ハブです。USB 3.0、USB 2.0、USB-Cポートのほか、HDMIやVGA、SDカードスロットのほかに、3.5mmのAudioジャックまで装備。1台で幅広く利用可能です。

USB-Cポートは最大100W(20V/5A)の高速充電に対応。対応した充電器を用いることで、MacBook Proの場合はおよそ2時間でフル充電可能です。また、HDMIは4K出力、VGAは1080P対応で、本製品を通して高画質な映像を映し出すこともできます。

ハブの上面はワイヤレス充電ポートになっています。他の機器を接続しつつ、本製品の上に対応するスマホを置くだけで同時に充電可能。いちいちスマホを充電するためにケーブルをつなぐ必要はなく、省スペースにも貢献するでしょう。

計15個のポートとワイヤレス充電機能と盛りだくさんであるものの、本体サイズは136mm×63mm×19mmと「小さめのスマホ」と同じぐらいサイズ。場所を大きく取らずに済みますし、持ち運びしやすいのもポイントだといえます。

充電が必要な機器はこれ1台でカバーできるであろう本製品。「Thunderbolt 3」対応のケーブルもセットになった購入プランも用意しており、より効果的に使いたい場合は、こちらのセットを購入するのもいいでしょう。支援募集は2021年7月31日まで。現在は最大33%オフの9900円で購入できる早期割を実施中です。気になる方はぜひチェックしてみてください。