『GTAオンライン』『Red Deadオンライン』が2時間にわたり停止。フロイド氏追悼の意込め

暴力はいけません

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月5日, 午後 01:00 in blm
0シェア
FacebookTwitter
Rockstar Games

ゲームメーカーのRockstar Gamesが日本時間5日未明、人気オンラインゲーム「GTAオンライン」、「Red Deadオンライン」でのゲームプレイを一時停止しました。目的は、米国で警官に拘束された際、首を長時間押さえられたために命を落としたジョージ・フロイド氏を追悼するため。

5月25日に米ミネソタ州ミネアポリスで発生したこの事件は、米国で人種差別反対のデモを巻き起こし、それがエスカレートして見境のなくなった群衆によって暴動が発生するに至りました。

事件と直接の関係がないところでは、この暴動に対してトランプ大統領がミネソタ州兵の派遣によって略奪行為をはたらく人に対する発砲を許可するかのようなツイートを行ってTwitterに非表示化されたりといったこともありました。またフロイド氏の首を押さえつけていた警官は懲戒解雇のあと第3級殺人の罪で起訴されていました。4日には起訴事由の罪が引き上げられ第2級殺人となり、同じく免職となった警官たちも第2級殺人幇助という厳しい罪に問われています。

一連の事件にともない、黒人の命が粗末に扱われてはならないとBlackLivesMatter(BLM)のハッシュタグが付けられた運動が米国のみならず、世界各国で巻き起こりました。たとえばミュージシャンや音楽ストリーミングサービス、賛同する著名人らが2日、Blackout Tuesdayと称してSNSに黒一色の画像を投稿しフロイド氏追悼の意を表しました。

たとえばApple Musicは「For You」「見つける」「Radio」の各画面を黒バックのメッセージに置き換え、フロイド氏追悼の音楽を流すようにしました。

Spotifyも、主要なジャンルのプレイリストやポッドキャストの画像を黒バックに置き換え、リストの最後にはフロイド氏が警官に押さえつけられていた時間とされる8分46秒の無音時間を設けました。

こうした流れにRockster Gamesも応じ、オンラインゲームにブラックアウトの時間を設けたと考えられます。Rockster Gamesはオンラインサーバーの停止の他にも、慈善団体への支援を行うことを表明し、人種差別の被害者へのサポートを強化するとしました。

振り返れば、香港で一国二制度維持のためのデモが激化した際には、GTAオンラインの仮想世界でもゲーマーたちが民主派と親中派に分かれて抗争を起こしたりしていました。今回の停止時間は日本時間で5日午前3~5時という時間帯のサーバー停止だったため、国内で影響を受けたプレイヤーはそれほど多くはなかったかもしれません。

ちなみに、ゲーム業界ではソニー、EA、Epic GamesなどもBLM運動が盛り上がる中イベントを中止するなどの対応をとっています。

source:Rockstar Games

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blm, grand theft auto online, red dead online, rockstar games, gta online, rockstargames, gtaonline, grandtheftautoonline, blacklivesmatter, goerge floyd, reddeadonline, black lives matter, news, gear
0シェア
FacebookTwitter