Grand Theft Auto Trilogy
Rockstar Games

米RockStar Gamesは11日に『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』( Grand Theft Auto: The Trilogy — The Definitive Edition/以下「GTAトリロジー」)を発売しました。本作は懐かしの『グランド・セフト・オートIII』、『グランド・セフト・オート:バイスシティ』、『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』を強化してセットにした決定版ですが、すでに同社のTwitterサポートには返金要求が殺到しています。

本作はオリジナル3作のルックアンドフィールを維持しながら、解像度やグラフィックを強化しつつ最新の操作方法を採用したもの。たとえばNintendo Switch版ではジャイロによる照準やカメラのズームやパンなどがタッチスクリーンを触ることで行えます。

しかしPC版を販売している「Rockstar Games Launcher」が発売直後からオフラインとなり、復旧後もPC版の購入リンクは削除されたまま。これにつきRockstarは「意図せずに含まれていたファイルを削除する」ために販売を一時中止していることを認めています

そちらの返金要求は理解できますが、家庭用ゲーム機版(スイッチ/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One)でも苦情が相次いでいます。それは全てのプラットフォームにおいて様々なグラフィック上の問題やバグ、ゲームのクラッシュやセーブ不可などが発生しているためです。

まずグラフィック上の問題とは、旧作ではあった「霧」がなくなり、遠くの建物までクリアに見えることで街の小ささが分かってしまうなど。かつてのゲームハードでは負荷を下げるために遠景を隠していた「霧」が取り除かれたことで、雰囲気が損なわれてしまったわけです。

それはバグではありませんが、「Xbox Series XのSan Andreasで、ミッションのチェックポイントから再開するたびにゲームがフリーズします」「ゲームはロードされますが、キャラクターを動かすことができません」との苦情も確認できます。

他にも返金要求は相次いでおり、Rocstarはその度に支援を約束しつつ、返金する可能性も示唆。そうしたお客にはサポートサイトを案内し、Webチケットを取るように指示しています。

まだサポートサイトにはGTAトリロジーの項目がありませんが、3部作に含まれる個々のゲームはあるため、そちらから1つ1つ申請できるかたちです。Rocstarが実際に返金に応じるのか、応じるとしていつ返金するのかは、記事執筆時点では不明です。

ゲームの発売直後に顧客からの不満やバグ報告が殺到し、一部プラットフォーム向けが購入不可となっていることは、昨年末の『サイバーパンク2077』騒動をほうふつさせます。SIEは本作をPlayStation Storeから一時削除し、開発元のCD Projekt Redは返品・返金対応を余儀なくされましたが、今後のRockstarの対応を見守りたいところです。

Source:Eurogamer