Justin Sullivan via Getty Images
Justin Sullivan via Getty Images

NVIDIAが、開発者向けの会議「GPU Technology Conference(GTC)」のワークショップ&カンファレンスを、オンラインで10月5~9日の5日間にわたって開催すると発表しました。初日となる日本時間5日の22時からは、NVIDIA創業者のジェン・スン・フアン氏による基調講演が行われます。

このカンファレンスでは、AI、グラフィックス技術、VRなどNVIDIAが関わる幅広い業界における技術やサービスの革新を取り上げます。イベントは北米、欧州、イスラエル、インド、日本、韓国それぞれの言語に対応するプログラムを1日4時間のライブおよび合計500を超えるオンデマンドセッションで届けるとのこと。

さらに、開発者はNVIDIA Deep Learning Institute (DLI)が主催する16種類の1日ワークショップに参加登録し、CUDAアーキテクチャーやRAPIDSソフトウェアライブラリといったNVIDIAの技術や、AIの自然言語処理といった最新技術を学び、自身のスキルアップの機会とすることが可能。

そのほか、各分野エキスパートによるQ&Aセッション、業界を牽引するAIスタートアップによる講演といったコンテンツも用意されています。

とはいえ、最も注目されるのは、やはりジェン・スン・フアン氏のキーノート。NVIDIAは先日、8月31日に次世代GeForce製品を発表するとみられていますが、GTCではその最新GeForceシリーズのさらに先の動向についての話もなにか用意されているかもしれません。ご興味のある方は参加登録をどうぞ

source:NVIDIA