engadget

ソニーとNTTドコモは、グアム島にある車両「EC-1」を約2500km離れた東京から5G通信を活用して遠隔操作する実証実験に成功したと発表しました。

実験に使用した車両「SC-1」は、ソニーが開発したエンターテイメント車両です。車両の前後左右にイメージセンサーを搭載しており、360°の全方位にフォーカスが合った映像を車内のディスプレイに映し出すことで、車両周囲の環境を一度に把握できます。また、イメージセンサーは人の目を超える超高感度となっており、夜でもライト不要で車両周囲を認識しながら運転できます。

同実験では、5Gの低遅延・大容量・高速という特長を活かし、リアルタイムで車両の周囲の映像を都内のソニー開発拠点に伝送して操作しました。この通信には、ドコモの100%子会社であるドコモパシフィックの5Gを活用しました。

自動運転時代には遠隔運転や監視の重要性が高まるといい、国境を超えた遠隔運転により、時差を利用したグローバルなオペレーションが可能になるとしています。

Source:ソニー