#{Settings.contact.official.service_name}でこのプロジェクトを支援する

GUARDAMPERは「防振スマホマウントシステム」を搭載。

唯一無二のこの構造は、「揺れ」と「路面の凹凸」の衝撃を吸収し、あなたのライディングへの情熱を取り戻します。

※動画はメーカー本国、台湾で撮影されたものです。

 

先日「エンジンからの高周波振動」がiPhoneのカメラに影響を与える可能性があると、Apple公式サポートが警告を発し話題となっています。

高速で道路のジョイントを通過すると車両は大きな衝撃を受けますが、本製品のクレードルは衝撃を防ぐため垂直方向に揺れます。 これにより、ダンパーがなくてもスマホに深刻なダメージを与える前後の揺れが発生しません。

GUARDAMPERは、防振技術を実装したスマホマウント。でこぼこ道でもスマホカメラをしっかりと固定して、バイカーがこれまでに経験したことのないライディング体験を提供します。

ワイヤーロープアイソレーターはさまざまな産業機械を保護するために使用されており、その動きは振動エネルギーを下げ、揺れを減らし、振動を吸収します。

ワイヤーロープアイソレーターの利点は、あらゆる角度から振動を分離できることです。 異なるベクトルからの4種の振動(引っ張り/曲げ/圧縮/せん断)に対し個別の吸収方法を生成し、スマートフォンを保護します。

ワイヤーロープ部はマウントするスマートフォンの重量により、最適な強度が異なります。そのため製品には強度の異なる2組のワイヤーが同梱されています。(1セットは本体に設置済)交換はご自身で簡単に行うことができます。

ほとんどのブランドは、製造コストを下げるため鋳造(成形)法を使用しています。 これによりスマホマウントの剛性が低下し、破損につながる可能性も否めません。

GUARDAMPERはワンピースのアルミニウム合金で製造され、堅牢性と安定性の大幅な改善でスマホクレードルのパイオニアになっています。

本体の厚みはわずか0.9cm、丸みを帯びたバックデザインにより更にスリムに見えます。 不要な素材を使用しない非常にシンプルな設計で、スマホの操作を妨げることなく使用できます。

隠し充電ポートを使えば、コードを使ってスマホの有線充電が行えます。スタイリッシュさと機能性を兼ね合わせ、接続部が外部に露出しないように設計されています。

独自のサスペンションホールドは、挟み込むような持ち方でスマホを衝撃から保護。

GUARDAMPERはスマートフォンを確実にホールドし、かつダメージを与えることのないようデザインされています。

35度のチルトデザインと80度のラバーで、メインクレードルをプラットフォームにしっかりと固定して、複数のスポットでスマホをしっかりとホールド。

スマホを中央に浮かせた状態で振動から遠ざけます。

背面でサスペンションロックが可能ですので、大きな揺れや振動でホールドが外れることはありません!

高さ18cm、幅9cmまでのあらゆるサイズのスマホに対応します。

スマホのサイドボタンに干渉しない、独自のデザインを採用。あらゆる機種に対応し、2段階で調整できるよう設計されています。

挟み込むようにホールドすることで安定感を実現するだけでなく、ライトの機能にも影響を与えません。

強い光の下で画面を見やすくするのに最適な方法は、スマホマウントの角度を変えることですが、直接光や反射光は目の健康被害につながる場合もあります。

サンシェードを使用すれば強い光をブロックし、最適な光量で画面を確認できます。

視認性の問題が発生する角度をテストしています(通常、45度を超えると眩しさは軽減されます)目の位置と角度を考慮し、最適な角度を設定しています。

サンシェードは簡単に取り外しが可能。天候やコンディションに応じて装着、取り外しをお選びください。

クランプベース、ミラーベースお持ちのバイクに合うベースをいずれかお選びいただけます。愛車の仕様をご確認ください!

クランプベース: 22.2mm、25.4mm、31.8mmのクランプ径サイズに取り付けられます。

バックミラーの下部ロックポイント用、かつチューブ本体が露出していない仕様に合わせ設計されています。10mmまたは8mmいずれかのネジを使用できます。

ミラーベース: ミラーの下部に取り付けます。

GUARDAMPER本体を盗難から守るため、特殊形状のスクリューをご用意しました。

通常はノブでマウントを固定/取り外しができますが、盗難防止スクリューを取り付けることによってスクリューを締めた位置でマウントを固定します。

ツールなしで取り外しができないためマウントを外される心配はいりません。

GUARDAMPERでスマートフォンを横向きに使用したい場合は、サイドホルダーを追加購入してください。図のように4箇所に取り付けます(本体のボタンに干渉する可能性があります。ご注意ください)

製品のお届け予定については、2022年2月とさせて頂いております。

これは現在、世界においてコロナウイルス感染拡大の影響を受け、生産や物流の遅延が多発している現状を鑑み、 ご支援いただいた皆様へ確実にお届けできる時期を慎重にメーカーと協議したうえでの計画となっております。

それでも防ぎようのない万一の事態は想定されますが、私たちは一日も早いお届けに尽力いたします。何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

開発チーム UNOVOYAGE

UNOVOYAGEは人口約2,400万人に対し、オートバイの登録台数が約1,200万台というバイク大国の台湾に拠点を構えています。

プロジェクト期間中デザイナーは数え切れないほどのプランをテストし、科学的な方法を用いて2年の歳月をかけてデバイスをスマホマウントと完全に組み合わせる防振システムを構築しました。

防振システムだけでなく、スマホのホールド性とユーザーエクスペリエンスにも注力しました。

一般的な競合製品を調査した結果、独自の挟み込むようなホールド方法を考案しました。

アルミニウム合金を素材としたこの製品は装着が簡単で、安定感があり、私たちはこの製品があなたにとって最高のスマホホルダーになると信じています。

プロジェクト起案者 TMネットワーク社について  
 

株式会社TMネットワークは、「卸でデザインする会社」です。イヤホン・ヘッドホンを中心としたエンターテイメントを楽しむ商品の卸売事業をはじめ、ポタフェスやe☆イヤ本の発行などのイベント企画・運営、メディア・㏚事業や、コラボレーション商品開発などを行っています。今回はRAKUNEW事業部がUNOVOYAGEの代理店として、日本におけるプロジェクトの進行と支援者様のサポートを行って参ります。