Guts and Glory

ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、”今話題の人気作”や”ツッコミ必至の珍作”まで、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『Guts and Glory』です。

-> Guts and Glory (Steam)

※ゲーム内に一部過激なグラフィックス描写があります。苦手な方はご注意ください。

発掘!名作ゲーム 連載一覧

グロさがかえって気持ち良い!豪快サバイバルレース

image

『Guts and Glory』はHakJakが開発を手掛けたサバイバルレースゲーム。トラップだらけの危険なコースを突っ走り、命ある状態でゴールを目指しましょう。

image

本作はシングルプレイがメインのレースゲーム。ゲーム開始後は各コースのゴール及び最速クリアタイムの更新を目指すことになります。自転車にまたがった親子連れや、バギーを愛する大柄オヤジを操作し、死と隣り合わせの危険なデスレースをサバイブしてください。

image

"死と隣り合わせ"というフレーズは架空の例え話ではありません。本作ではコース内のいたる箇所に地雷や砲台、さらには人体を切り刻むのにもってこい(?)のチェーンソーが仕組まれているため、ちょっとした操作ミスでアッサリとキャラクターたちが死んでいきます。

とはいえ、その様相はバイオレンスというより、勢い満点の"ユニークなグロ"という表現がピッタリ。トラップと接触して盛大にぶっ飛ぶ肉片が、ミスに落ち込むプレイヤーの心情をいつの間にか笑いに変えてくれます。

操作方法とゲームの流れ

image

上述の自転車やバギーに加え、本作に登場する乗り物(キャラクター)はどれも個性豊か。取り回しの良さや加速性といった基本性能がそれぞれ異なるため、各コースごとに適した乗り物を選択すると良いでしょう。ただし、コースによっては選択可能な乗り物が限られている場合もあります。

image

キャラクターの操作方法は極々シンプル。前後左右への移動、そして加速&減速を抑えておけば大丈夫です。あとは各所のチェックポイントを確実に通過して、コース最奥のゴールへ滑り込むだけでOK。走る・曲がる・止まるの3つを徹底し、クラッシュ(車両・人体の破損)を"できるだけ避けて"タイムを縮めるのです。

image

もし周りに障害物が見当たらないのなら、思い切ってブースト(各キャラクター共通)を吹かすのもアリ。しっかりと車体を制御できれば、通常ルートを何も考えずに走るより大幅にタイムを縮めることも可能です。ブーストゲージの残量に注意しつつ、山道や岩肌をアクロバティックに走破しましょう。

色んなシチュエーションでゴールを目指そう

image

こちらはオープンカーを乗車した「ヤン家」(3人家族)をフィーチャーしたコース。一見穏やかな山道に思えますが、その実態は丸太ハンマー満載のさながらデスマウンテン。タイミングを誤れば、一瞬のうちに死のドライブへ早変わりしてしまいます。ちなみに、ヤン家は父親(運転手)が生きている限り、多少のアクシデントに怯むことはありません。母親が吹っ飛ぼうが息子が転げ落ちようが関係なし。目標は山道の中腹に置かれたゴールのみです。

image

身体の不自由な「ラリーお爺さん」は、なんと車椅子を改造した自作ジェットパックで空中を浮遊可能。高層ビル街を自由に飛び回り、各地点のチェックポイントを通過することになります。車椅子に乗った老人が優雅に天を翔ける光景は、まさしく現代の生きるペガサス……。降下時にジェットを小刻みに点火すると、衝撃を抑えて安全に着陸できます。

image

上述のコース以上に高難易度を誇るのが「栄光のガントレット」。こちらでは、何度も潰されながら攻略方法を学ぶ"死にゲー"ライクなゲームプレイが味わえます。そのほか自分でトラップを配置可能なコースエディットをはじめ、一般ユーザーが手掛けたコミュニティコース挑戦、ローカル/オンライン両方に対応したランキング機能などなど、カジュアルプレイとやり込みプレイのどちらでも楽しめる『Guts and Glory』。「ちょっぴりグロくても大丈夫!とにかくユニークなレースゲームを遊んでみたい」という方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

-> Guts and Glory (Steam)

image

発掘!名作ゲーム 連載一覧