Sega Saturn

今年9月末にNintendo Switch用の『コットン ガーディアンフォース サターントリビュート』が発売されました。これらはセガサターン用シューティングゲームの移植詰め合わせですが、内蔵されたエミュレータ「ZebraEngine」が非常に高性能であり、ハッカーらが様々なサターン用ゲームが動かせたと報告しています。

家庭用ゲーム機の改造コミュニティGBAtempに集うハッカーらは、日本のシティコネクション(ゲーム開発およびパブリッシャー)によるZebraEngineのコードを解析し、サターン用ゲームのROMを強制的に組み込む方法を編み出しました。

それにより『レイディアントシルバーガン』や『ガーディアンヒーローズ』、『セガラリー』や『パンツアードラグーンツヴァイ』、『ハウス・オブ・ザ・デッド』などの人気作が遊べることが確認され、その一部がYouTube動画で公開されています。これらのパフォーマンスは、Switch(改造ファームウェア導入済み)用のエミュレータYaba SanshiroやマルチエミュレータRetoArcのYabauseコアを上回っているとのことです。

もっとも中には動かないゲームもあり、シティコネクション公式の3本と同じく入力遅延が発生しているものもあると伝えられています。公式の3本については調査中であり、各タイトルごとに改善のアップデート配信が予告(時期は未定)されています。

こうして商業作品に実用されたサターン用エミュレータがあるということは、シティコネクションが他社にライセンス供与すれば、他にも数々の名作が移植されたりコレクション作品が発売される道が開かれるかもしれません。

そろそろ経年劣化でCD-ROMドライブが動かないサターン実機も多いと思われることもあり、権利関係をクリアした合法な形で傑作・名作・迷作が現役のゲーム専用機で蘇ることを期待したいところです。

Source:Kotaku

via:NintendoLife