PC版 Halo 3は7月14日、Steamでも配信。Xbox 360版から13年

単品1150円・ゲームパス加入者は定額内

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年07月13日, 午後 07:31 in Halo
0シェア
FacebookTwitter
Halo 3
Halo 3

マイクロソフトは看板ゲームシリーズ Halo の第三作、『Halo 3』Windows版を7月14日に配信します。

Window版 Halo 3は4K解像度やHDR、60fp以上の無制限フレームレートに対応。ネイティブのマウス・キーボード対応、アスペクト比やFOV設定など、現代のFPSゲームとして遊べる仕様です。グラフィックは強化された「エンハンス」と、原作に近い「オリジナル」を切り替えられます。

Halo 3 が Xbox 360 の目玉ゲームとして登場したのは13年前の2007年9月。Halo シリーズ本編のPC版は、Xboxから3年遅れの2007年にリリースされたHalo 2を最後に途絶えているため、Halo 3 がPCで遊べるのはこれが初めてになります。

Gallery: Halo 3 for PC (Halo: The Master Chief Collection) | of 15 Photos

  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3
  • Halo 3
    Halo 3
    Image Credit: Halo 3

PC版Halo 3は、シリーズ本編外伝のリマスター詰め合わせ『Halo: The Master Chief Collection』のDLC(追加コンテンツ扱い)。Windows ストアに加えて Steam でも買えます。

単品買いきりでは1150円ですが、マスターチーフコレクションを全部入りの4212円で購入済みであれば追加費用はかかりません。

またマイクロソフトの看板ゲームシリーズとして、定額遊び放題サービス Xbox Game Pass 加入者ならば追加費用無しで全部遊べます。

Halo 3はシリーズでも特に人気が高く、プレーヤーが多かった記念碑的な作品。リマスターは2014年リリースのXbox One 版マスターチーフコレクションに含まれていたほか、Xbox 360版のヘイロー3 ですらXbox One や Xbox One X 自慢の後方互換機能のお手本として、マイクロソフトの黒魔術師たちの手で4K HDR化されていたため、Xboxユーザーにとっては技術が進歩するたびに蘇るベンチマーク的な作品でもあります。

Halo 3 for PC
Halo 3

アーリーアクセスでPC版 Halo 3 をプレイしてみたところ、4K対応とはいっても完全な作り直しではなく、人の表情や植物の表現などはさすがに時代を感じさせるものの、ゲームプレイとしては高FPSで滑らか+複雑なシーンも高解像度でパキッと見やすく実に快適。

マスターチーフのバイザーの反射を全編レイトレにしました!的なエンハンスではありませんが、Halo シリーズの特徴である空間の広さ、壮大さの感覚は高解像度やワイド縦横比でさらに引き立ちます。

マスターチーフコレクションは6作品の詰合せでありつつ、全編を通したアンロックの楽しみやキャリアモードなど、各タイトルをひとつの大きなゲームの一章のように扱う点が特徴です。ヘイローシリーズの大きな魅力である対戦モードも完備(マップ等の対応はタイトルによる)。キャンペーンも最初から通しで遊ぶほか、テーマ別美味しいとこどりで楽しめる「プレイリスト」も用意されているなど、リプレイしやすい作り。

Xbox 360 ではHaloを楽しんだけれどさすがに Xbox One は買わなかったプレーヤーにとっては、10数年ぶりの Halo 3 キャンペーンを気軽に回顧したり、単品1150円・ゲームパス加入者なら定額内だからとフレンドを誘ってCo-op や変則ルール対戦に繰り出したり、あるいはシリーズで未プレイの作品をいまから履修したりと、ゲーミングPCを持っていて良かったが実感できる詰め合わせです。

マイクロソフトは今年年末のシリーズ最新作 Halo Infinite 発売に向けて、マスターチーフコレクションに Halo 4 までの過去作を順次追加してゆく方針。

PC版マスターチーフコレクションは外伝の Halo Reach とともにリリースされたあと、ゲーム内の時系列順に、Halo: Combat Evolved (初代ヘイロー)、Halo 2 とDLCで作品を追加してきました。

Halo 2アニバーサリーは5月12日配信。Vista以来13年ぶりのWindows版

初代Haloが17年ぶりにPC版発売。4K 60fps対応リマスター

今回の Halo 3 のあとは、Halo 3: ODST と Halo 4が年内にリリース予定です。

Halo 3 を購入 - Microsoft Store

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Halo, xbox, Halo 3, steam, microsoft, Windows, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter