Halo Infinite
Halo Infinite

マイクロソフト傘下の開発スタジオ 343 Industries が、Xboxの看板シリーズ『Halo』最新作、『Halo Infinite』の発売が2021年秋になることを明らかにしました。

Halo Infinite は最新世代ゲーム機 Xbox Series X|S の発売と同時の2020年秋予定だったため、丸一年延期されたことになります。

Gallery: Halo Infinite (2020.7) | of 15 Photos

  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite
  • Halo Infinite
    Halo Infinite
    Image Credit: Halo Infinite

Halo Infinite は初代 Xbox からの人気シリーズ Halo の最新作。ゲーム世界の時系列的には『Halo 5』の後で主人公マスターチーフも続投するものの、ゲームシステムも含め一新したリブートに近い作品として、タイトルにも数字の6を付けていません。

Xboxの看板として、「スピリチュアルリブート」であることも含め期待作でしたが、2020年夏に初めて公開されたシングルプレイキャンペーンのプレイ動画は、シリーズを延々と遊んでいて新要素に気づく一部のファンからは驚きと喜びの声があがった一方で、なんだか見た感じが「次世代」っぽくない、初代ヘイローをきれいにしたやつみたい、という微妙な反応が多くありました。

「初代ヘイローを綺麗にしたやつ」感については、初代ヘイローのリブートを狙った意図もあるはずですが、代わり映えしない、もう飽きたやつと思われてしまえばリブートした意義がありません。

こうしたネガティブな反応を受けたこともあってか、マイクロソフトは Halo Infinite をXbox Series X|Sロンチラインナップから外し、2021年への延期を判断していました。延期の理由としては、新型コロナウイルスの影響で当初の見込みより開発が遅延していること、無理に間に合わせれば開発者にいわゆるデスマーチを強いることになり、スタッフの健康にとっても、発売後の展開も含めたHaloシリーズ自体の持続的な成功にとっても良くないと判断したためとされています。

『Halo Infinite』2021年に延期、Xbox Series X発売同時を逃す (2020年8月)

2021年春でもなく夏でもなく秋の発売を発表したのは、微妙な反応だった動画公開直後に新クリエイティブディレクターに就任した Joseph Staten 氏。

Halo シリーズは初代 Halo: Combat Evolved (CE) からナンバリングのHalo 3、番外の Halo: Reachまでが Bungie 開発で、Halo 4 と Halo 5は Bungie がマイクロソフト傘下から独立した際に作られた Haloシリーズ専用スタジオ 343 Industries が担当してきました。新クリエイティブディレクターのStaten 氏は元バンジーで Haloを手掛けてきた開発者。

初代 Halo CE から Halo: Reachまで、デザインからシナリオ、シネマティックディレクター、クリエイティブディレクターを務めてきた人物です (シリーズを代表する雑魚キャラ「グラント」の声も一部担当)。

大プロジェクトが本来のリリース時期から数か月に迫った時点で新たにトップに就任したことになりますが、まずプレーヤーとしてキャンペーンを二周クリアしたのち、夏のデモに対するフィードバックをチーム全員と議論した結果、ゲームを成功させるため必要な正しいことをするには何より時間が必要と判断した、今年のホリデーシーズンにはチーム全員ちゃんと休んでリチャージしてから来年に向けて開発を進めると語っています。

Xbox Series X
Engadget

Halo Infinite とマスターチーフは、Xbox Series X の箱にもプリントされているほどの看板タイトル。ロンチだったはずなのに1年遅れるのは非常に残念ですが、デスマーチと小手先の修正で急いだうえに「やっぱり夏の残念デモと変わらなかった」と評価されてしまえば、リブートを期したはずの重要なタイミングで後のシリーズ展開にも、ひいてはマイクロソフトのゲーム事業全体にも悪影響が及ぶと思えば、次の商戦期まで飛ばすのは、「つまんない内容で出たら取り返しがつかない」という一点で仕方ないのかもしれません。

なお、Halo Infinite は新型ゲーム機 Xbox Series X|S の発売日にあわせた(はずの)タイトルではありましたが、対応プラットフォームとしてはXbox Oneでも、Windows PCでも遊べるマルチプラットフォーム。シリーズ本編が同時にPCでも遊べるのは初めてで、マイクロソフトの新しい戦略を反映したタイトルでもあります。

マイクロソフトは定額ゲームサービス Xbox Game Pass と並ぶゲーム事業の新しい柱として、ストリーミングゲームの Project xCloud を推進していることから、Halo Infinite が発売を迎えるころにはXboxどころかPCも要らない、スマホで誰でも遊べる初の Halo正伝になっているかもしれません。