Halo 2アニバーサリーは5月12日配信。Vista以来13年ぶりのWindows版

たやすいことではない人が副主人公

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年05月7日, 午前 06:07 in Halo
0シェア
Halo 2
Engadget Japan

マイクロソフトはWindows PC版『Halo 2: Anniversary』を5月12日に配信します。

プラットフォームはSteam、マイクロソフトストア、および定額サービスのXbox Game Pass for PC(ベータ)。

過去作リマスター詰め合わせ『Halo: The Master Chief Collection』(マスターチーフコレクション) の追加コンテンツ扱いで、すでに購入していれば無料。Halo 2:アニバーサリー単品の価格は1150円。

Halo 2は初代Xbox向けオリジナルが2004年発売、なぜかWindows Vista専用でリリースされたPC移植版が2007年。

10周年記念のリマスター版『Halo 2:アニバーサリー』がマスターチーフコレクションの一部としてXbox Oneで出たのが2014年。今回のリマスターはPC向けとして13年ぶりの復活です。

Halo 2
Engadget Japan

リマスターの内容は、ゲームプレイとカットシーン双方を含むグラフィック全般の大幅な強化、4K解像度や60+fps対応、FOV設定やウルトラワイドディスプレイ対応など。

Xbox One版のHalo 2アニバーサリーと同様、グラフィックはリマスターとオリジナルを切り替えられます。

ゲーム内容はオリジナルに忠実なキャンペーン、リマスターされたマルチプレーヤーマップ7種、オリジナルHalo 2からのマップ25種。

Halo 2はシリーズのなかでもやや異色な作品で、外伝除く全編の主人公であるマスターチーフに加え、地球人と対立する異星人種族エリート(サンヘイリ)の一員アービターが副主人公となり、敵方の内情や対立が描かれます。ユニークなボスキャラ戦闘が多いのも特徴。

マイクロソフトはシリーズ最新作 Halo: Infiniteの年内発売に向けて、外伝 Halo Reachのリマスターから始まったPC版マスターチーフコレクションに、初代からの歴代Halo作品を順次ダウンロードコンテンツとして追加してゆく方針です。

初代Haloが17年ぶりにPC版発売。4K 60fps対応リマスター

初代Haloのリマスターが追加されたのは3月。今回のHalo 2の次は、いよいよ初のPC移植となるヘイロー3のリマスターが控えています。

ゲームのサブスクXbox Game Pass上陸。加入前に知りたいラインナップやサービス内容まとめ(更新)


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Halo, halo 2, xbox, halo 2 anniversary, Microsoft, news, gaming
0シェア

Sponsored Contents