engadget

ファーウェイは、独自開発のHarmonyOS 2を搭載した新型タブレット「MatePad 11」を7月23日に国内発売します。本体価格は税込5万4780円です。

「MatePad 11」は、10.8インチ 120Hz駆動ディスプレイを搭載したタブレットです。DCI-P3を100%カバーする広色域で、解像度は2560 x 1600ドット。別売りのスタイラスペン「M-Pencil 2」も利用できます。

engadget

SoCは1年前のフラグシップが搭載するSnapdragon 865を搭載。RAMは6GB、ストレージ容量は128GB、microSD外部ストレージにも対応します。

搭載するHarmonyOS 2はまるでiPadOSのようなUI。搭載する120Hz駆動のディスプレイと相まって、非常にスムーズに動作します。

engadget
engadget

本体にはスピーカーを4基搭載。老舗オーディオブランドのHarman Kardonのチューニングが施され、迫力のあるサラウンドオーディオを楽しめるといいます。

engadget

また、ファーウェイ製のWindows PCおよびスマートフォンとの連携機能も強化。本機をPCのドローイング用タブレットとして利用したり、サブモニタとして使用したり、スマートフォンからファイルをドラッグ・アンド・ドロップしたり、さまざまな便利機能が搭載されています。

別売りのキーボードとタブレットを組み合わせることで、PCのような操作も可能です。

engadget
engadget

主な仕様は下記の通りです。

engadget