NASA, ESA, and M. Kornmesser (ESA/Hubble)
NASA, ESA, and M. Kornmesser (ESA/Hubble)

ハッブル宇宙望遠鏡を使用しての新しい研究は、2013年に発見され地球から336光年離れた二連星系を周回する太陽系外惑星HD106906 bが、太陽系に存在する可能性があるとされる「第9惑星」に類似するものだとの考えを示しています。

二連星を形成するHD 106906はその年齢が1500万年と非常に若く、周囲にはまだ塵の円盤があります。2013年に発見され、木星の約11倍の質量があるとみられるHD106906 bは、その円盤から形成されたと考えられますが、完全に円盤から外れた楕円軌道を周回しています。

まだ完全にこの二連星がファミリーかどうか、どうやってこの個性的な軌道に弾き出されたのかについては議論が残されていますが、チリのジェミニ南望遠鏡が数年前に取得した画像からは、円盤の軌道とこの惑星の軌道に角度的なズレがあることがわかっています。このことは、HD 106906 bが、円盤内部で形成された後に、二連星に接近しすぎた結果、重力の影響で軌道から弾き出されたことが考えられるとのこと。またそのような擾乱は、通常なら惑星を完全に系外まで押し出し、宇宙をさまようはぐれ惑星(:自由浮遊惑星:Rogue Planet)にしてしまうのですが、昨年の研究から、HD 106906 bの場合は周辺の星からの影響もあってその系から完全に逸脱することを防いだ可能性があることが示されています

一連の研究結果は、誕生からまだ1500万年ほどのHD 106906のような星系でも、すでに第9惑星のような”はみ出し者”を持っていることを示しています。もしかすると、それは太陽系の初期に起こったことを垣間見せてくれているのかもしれません。

前述したとおり、まだ謎はいくつか残されています。研究チームはジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を活用してそのデータを精査し、この謎の惑星が周辺の塵を引きつけて取り込んだり、デブリでできたミニ星系を作っていたりする可能性を調べたいとしています。

source:NASA