Engadget

スクウェア・エニックスは5月27日、ドラゴンクエスト35周年記念特番にて『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』を発表しました。

ドット絵と3DCGを融合させたHD-2Dグラフィックによるリメイク作で、家庭用ゲーム機向けに全世界で同時発売を予定です。制作は、あまた株式会社 & SQEX浅野チームが担当します。

プロデューサーの早坂将昭氏はこれまでに「オクトパストラベラー」や「バリアスデイライフ」といった作品に関わっています。ゲームデザイナーの堀井雄二氏が特番に出演し下記のようにコメントしました。

「HD-2Dグラフィックによるリメイク作はIIIが初となります。いままでは、I、IIと順番にはじめましたが、やっぱりIIIが一番思い入れがあるのでIIIから作ることにしちゃいました。続けて、I、IIをリメイクして、IIのところで意外な展開を考えてます」。

「意外な展開」がとても気なるところですが、ドット絵の雰囲気をたのしめつつきれいなドラクエの世界に没頭できそうなHD-2Dリメイクの今後に注目したいところです。

「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」発表、ダークな世界観で選択肢が多め

Engadget

Engadget

Engadget

Engadget
Engadget

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch(Amazon)

© ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved.