超コンパクトなドラムデバイス「Freedrum」レビュー

スティックの向きや角度で叩くドラムを切り替え

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年06月2日, 午後 04:20 in greengadget
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Engadget Japan

スティックや足に取り付けてドラムの練習ができる「Freedrum」(フリードラム)のプロジェクトがGREEN FUNDINGにて展開されています。予定小売価格は1万9900円(税込み)ですが、GREEN FUNDINGでは12%OFFなど割引価格で購入できます。プロジェクト募集期間は6月25日23:59までとなっています。

Freedrumのデバイス自体は、ボタン1つのみのシンプルなデザイン。充電端子はMicro USBで、1度の充電で14時間駆動できます。これをスマホと接続して専用アプリやGaragebandで演奏します。

Freedrumは2つのデバイスとドラムスティックがセットになっていますが、もう1つ購入することでもう2つのデバイスを足に装着してキックドラム用に利用できます。

専用アプリでドラムを配置します。
スティックの向きや角度で叩くドラムを切り替えることができます。
ドラムスティックとストラップ。
Freedrumと足用ストラップ。
キックドラムはかかと床に付けたまま、つま先を上げて叩きます。

実際にFreedrumで叩いてみました。角度や位置に慣れるのに多少時間がかかりましたが、ドラムを打ち分けることができます。スマホのスピーカーだと音が寂しいので、スピーカーなどに接続すると叩いてる感が強まります。

ドラムや電子ドラムと比較して、費用や設置スペースを抑えてドラムを楽しめるFreedrumはちょっとした練習用の機材としては面白いでしょう。

「Freedrum」(フリードラム)のプロジェクトがGREEN FUNDINGにて展開されています。予定小売価格は1万9900円(税込み)ですが、GREEN FUNDINGでは12%OFFなど割引価格で購入できます。プロジェクト募集期間は6月25日23:59までとなっています。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: greengadget, Music, reviews, news, gear
0シェア
FacebookTwitter