main

AFUストアがGREEN FUNDINGにて充電式カイロでありモバイルバッテリーという2in1な製品『SOLOVE-N6』のプロジェクトを実施中です。価格は1個4280円(本来の定価)ですが、16%OFFの3580円など割引価格で購入できます。

Engadget

みなさんは冬、暖かく過ごせてますか?

恋人と一緒にクリスマスとかそういう浮かれまくった話じゃないですよ。物理的に、寒さ対策してますか?という重要な話です。

筆者は雪国生まれ雪国育ちなんですが、体感的には東京の冬のほうが寒く感じます。風も冷たければ空気も冷たいってなわけで地元に帰ったほうが不思議と暖かく感じてしまいます。共感してくれる方いないかなぁ.....。

さてさて、東京でもどこでも寒い季節にあったら嬉しいものといえば、こたつとみかんと鍋と、そう、カイロですよね。特にこれから2月にかけてもっと寒くなるでしょうし、外に出たとき、触ればほっと温まることができるカイロって素晴らしいなぁ。筆者の地元では必需品でした。地元で道行く高校生ならだいたい持ってると思います。

今回試用する製品はカイロでありモバイルバッテリーでもあるという実用的な2機能を併せ持つ製品。冬だけの活用に留まらない製品というわけですね。今回はせっかくめちゃ寒な季節なのでカイロの性能を中心に試用していきます。

image
▲まずはサイズ比較。これが比較するのに一番ちょうどよかったもので.....。

いきなり可愛くない比較画像でスミマセンが右手の丸っこいのが今回の製品『SOLOVE-N6』スタイリッシュなようで、人懐っこいずんぐりとした感じが可愛らしさを感じさせます。すべすべした質感も心地よいですね。

高さはタバコの箱と一緒くらい。横幅は『SOLVE-N6』のほうが大きいです。筆者の手(結構大きめ)でもすんなりと収まるサイズ感では無いので、手が小さめの方にはちと大き過ぎるかもしれませんね。

ジーンズのポッケとかに入れるにもちょっと大きいですね。重量は241g。持ってみると意外とずっしりしています。冬にカイロとして使うならコートなどのポケットに。それ以外の季節はバッグに入れたほうがよさそうです。

image

こちらがコントロール部分。充電のパーセンテージの確認・設定温度・現在のカイロの温度などをディスプレイで確認出来ます。このディスプレイなんですが、かなり視認性がよいので屋内・屋外問わずに使用・電池残量の確認などができると思います。

真ん中に配置されているボタンが電源と温度変更できるボタンです。カイロとしての機能はこれだけ。至ってシンプルです。

image

こちらがモバイルバッテリーの給電口と製品の充電口。製品の充電はUSB Type-Cから行います。

モバイルバッテリーの出力は5V/2.1A。容量10,000mAhなため、iPhoneであれば2回分の充電が可能とモバイルバッテリーとしても申し分ない機能を持っています。このサイズ感でこのスペックなので、モバイルバッテリー目的で購入するのも良いですね。モバイルバッテリーのUSBは2.0のみ対応なので、最近のiPhoneに付属している充電コードは使用出来ません。そこは注意。

さて、いよいよカイロ機能の確認。

image

はい、スイッチを入れるとこんな感じに。まず最初に驚いたのは温まり始めるスピードの速さですね。5秒ほどでおっ、温まってきたなというのがわかります。ここは充電式のカイロならでは。一生懸命カイロをこすったりして温めていた時代が懐かしい.......。

温度は43℃・48℃・53℃の3段階で温度調整が可能です。マックスの53℃まで温度が到達するには2~3分ほどかかりました。ここも普通のカイロに比べるとかなりパパっと温まります。

そしてこの設定温度がまた絶妙なんですよ。43℃はずっと持っていたくなる温度。製品のすべすべした感触も相まってずっと触っていたくなります。

48℃はお腹とかに当てていると気持ち良い温度です。寝る前に当ててみたんですが、速攻でウトウトしてしましました。仕事中にも使いたかったけどウトウトが襲ってくるのが怖くて使いませんでした。

53℃も屋内で十分使用できる温度ですね。通常のカイロの温度のマックスって結構熱く感じるじゃないですか。そこからすこーし冷めてきたような絶妙な温度感で使えます。筆者は普段、在宅で仕事をしているんですが、頻繁に換気を行うんですよ。そこで少し冷えてきた手に53℃にした製品を握っているとかなりしっかり温まります。もちろん寒い屋外にずっといても温まれる温度でした。

ちゃんとシチュエーションに合わせた温度設定ができました。ここも通常のカイロでは出来ない確かな強みですね。

▲カチカチして温度を変えます。温度の変わるタイミングだけはわかりづらいかも。

以上、2つしか機能が無いんじゃなくて、2つの機能をしっかり磨き上げている製品だと感じました。言わずもがなですが一度購入してしまえばずっと使えるのも充電式の魅力ですよね。冬はカイロとして、それ以外の季節でもバッグに忍ばせておけばモバイルバッテリーとして活躍する、オールラウンドに使える製品なので一台持っておくとかなり重宝すると思います。

この『SOLVE-N6』は現在一般販売されておらず、GREEN FUNDINGにてクラウドファンディング・プロジェクトを実施中です。価格は1個4280円(本来の定価)ですが、16%OFFの3580円など割引価格で購入できます。気になる方は是非チェックを!

Engadget