tripods

性能向上に伴う小型化が著しいデジタルカメラの分野ですが、フラッグシップクラスのボディや大口径望遠レンズなど、機能や性能を優先的に追求した結果、小型化が難しい機種も存在します。撮影ジャンルにもよりますが、そのような機種を用いた撮影では、それ相応の性能を持った三脚が必要になるものです。

写真や映像はいつ、どこでも安定した足回りで撮影できるとは限りません。三脚の世界も安価に手に入る機種から大口径レンズが買えそうな高級モデルまでさまざまですが、高価な機種はそれ相応の性能や付加価値を持っています。

それは例えば、耐荷重が高く重量のある機材を搭載しても安定して設置できたり、軽量で小さく縮められることで持ち運びの負担が少なかったり、冬の雪山や海水に浸かるような厳しい環境での撮影に対応していたりと、撮影できる場面を拡げてくれるものがほとんどです。

ここでは3万円台からの価格帯で購入できる雲台付属モデルを紹介します。

Manfrotto「MK055XPRO3-3W」

Manfrotto MK055XPRO3-3W

3段アルミ三脚と3Way雲台をセットにしたロングセラー。最低高22cm、全高183cmと幅広い高さに対応可能。3Way雲台は操作のステップが多めですが、雲台の基本を覚えるのに適しています。本機はカーボンパイプ採用モデルと比べてやや重い分、安価に購入でき、コストパフォーマンスに優れます。価格は4万2273円(23%OFF)。

MK055XPRO3-3W(Amazon)

GITZO「GK2545T-82QD」

Gitzo GK2545T-82QD

軽量なカーボンパイプを採用し、コンパクトに折り畳めることで高い携行性を有するトラベラータイプの4段三脚。本機はボール雲台をセットにしたモデルで、重量は約1.8kg、縮長は44.5cm、全高は165.5cm。耐荷重も12kgまで対応しており重量のある機材にも対応するオールラウンダーです。バランスのとれた性能に定評のある高級機であり、実際に触ってみるとすぐに作りのよさが実感できます。耐久性も高く、長期間にわたって使える一品。価格は15万7000円。

GK2545T-82QD(Amazon)

Leofoto「LS-324C+LH-40PCL」

Leofoto LS-324C+LH-40PCL

18cmまでのローポジション撮影に対応した3段カーボン三脚。耐荷重は15kgでかなり重量級の機材も安定して搭載可能。伸長は140cmでカメラを載せればほぼアイレベル、いざというときはエレベーターを伸ばして約171cmまで高さを稼げます。価格は6万1800円。

LS-324C+LH-40PCL (Amazon)

Vanguard「VEO 2GO 265HCBM」

Vanguard VEO 2GO 265HCBM

脚部分を反転してコンパクトに収納できる5段カーボン三脚。耐荷重は6kgとやや控えめですが、段数が5段で縮長を41cmと短く収めることが可能です。脚の一つを取り外すことで一脚としても使えます。伸長は126cm、重量は1.3kg。価格は3万2596円。

VEO 2GO 265HCBM(Amazon)

Velbon「GUT-E443」

Velbon GUT-E443

4段カーボントラベル三脚。全高は142cm、縮長は40cmとかなり短くたためます。脚最大荷重は10kgですが推奨の積載重量は2.5kgと設定されており、ミラーレスカメラや小型一眼レフの搭載を推奨。全体的にコンパクトなシステムを持ち運びたい向きには良い選択肢になるでしょう。価格は3万9818円。

GUT-E443(Amazon)

記事中の製品はEngadget日本版チームが推奨しているものです。本記事のリンクからなにかを購入すると、編集部にアフェリエイト報酬が入ることがあります。セール情報は記事執筆時点のもので、価格や在庫状況は常に変化しています。