5GiPad Pro

次期iPad Proにつき様々な予測が飛びかうなか、「次世代ハイエンドiPad」がミリ波サポートの5G対応になる可能性があるとの噂が伝えられています。

台湾の業界情報誌DigiTimesは、アップルが来年のiPhoneラインアップ用に自社開発のミリ波対応AiP(アンテナインパッケージ/ミリ波帯での通信に不可欠なアレイアンテナをワンパッケージ化したもの)開発に成功したことで、「2021年にリリースされる次世代ハイエンドiPad製品にもミリ波技術がサポートされる可能性がある」と報じています。

どのiPadモデルかは特定されていませんが、製造コストの高い5Gが(iPhone 12シリーズのような)ハイエンド向け機能であることを考えると、これがiPad Proを意味していることはほぼ確実でしょう。

ミリ波とは5Gのうち28GHz帯など高い帯域を使い、高速が出る反面でカバー範囲が狭い方式です。今年のiPhone 12シリーズでは米国モデルのみが独占的にサポートしていますが、来年のiPhone 13(仮)ではより多くの国や地域での展開が期待されています。

さらにDigiTimesの情報筋によると、アップルがAiP開発に力を注ぐ動きは、自社開発のモデムチップを投入する最終目標を睨みつつ、RF-FEM(アンテナやシグナルチューナーおよびパワーアンプの集合体)も独自設計する方向に一歩踏み込んだことも意味していると語られています。

これまで5G対応iPad Proの噂は、たびたび伝えられてきました。有名アナリストMing-Chi Kuo氏も2021年発売と予測し、今年6月にも有名リーカー(未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)がiPhone 12と同じSnapDragon X55モデム搭載との予想を述べています

ほか韓国メディアThe Elecは、次期iPad ProがミニLEDバックライト搭載との噂を報じていました。これら全ての新要素が盛り込まれたなら、素晴らしく革新的なデバイスに進化する一方で、お値段の方も気になるところです。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors