「ホットクック」の公式ファンコミュニティ始動、ユーザー間でレシピを共有

専用アプリとウェブブラウザから利用可能

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年05月25日, 午後 01:30 in sharp
0シェア
FacebookTwitter

シャープは5月25日、自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」で作ったレシピの投稿やユーザー同士の情報交換ができる公式ファンコミュニティサイト「ホットクック部」のサービスを開始しました。

「ヘルシオホットクック」は、文字通り「放っておく」だけで「クック(Cook)」してくれる家電。野菜や肉などを切り、レシピ通りの分量でヘルシオホットクックに入れ、調理ボタンを押すと調理が完成します。調理の時短という面では優れた製品で、Engadgetが毎年展開しているベストバイ企画では常連となっています。

関連リンク:

「ヘルシオ ホットクック」は超有能な時短家電だった|ベストバイ2019

ITで家庭の料理を変革する「ヘルシオホットクック」|ベストバイ2018

「ホットクック部」はGoogle PlayとApp Storeにて配信している専用アプリか、ウェブブラウザから利用可能。会員登録はホットクックをユーザーのみが可能でCOCORO IDが必要です。ホットクックを持っていない方も閲覧自体はできます。

投稿方法としては、投稿先やカテゴリを選択し、タイトルと本文を入力するだけで投稿できます。撮影した画像や動画の添付も可能で、他の会員に意見を聞ける4択アンケートなども設定可能です。

レシピ画面は「初心者におすすめレシピ」「オリジナルレシピ」「みんなのヘビロテご飯」などのカテゴリに分かれているので、用途にあわせたレシピの投稿や検索できます。

トーク機能ではお手入れから使い方までホットクックに関する全般について投稿可能です。加えて、ホットクック部公式アカウントは、活用の幅や楽しみ方を広げるような「ヘビロテご飯」「失敗談」などのテーマを募集しています。

source:シャープ

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: sharp, Iot, news, gear
0シェア
FacebookTwitter