ゴラム役のサーキスが『ホビットの冒険』を12時間連続で朗読配信。コロナ対策チャリティ

ゴクリ/シーザー/コング/スノークの人

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年05月8日, 午前 08:45 in andy serkis
0シェア
The Hobbitathon Live
Engadget Japan

映画『ロード・オブ・ザ・リング 』や『ホビット』のゴラム役で知られる英国の俳優 アンディ・サーキスが、原作小説『ホビットの冒険』を一冊通しで朗読ライブ配信するチャリティイベントを開催します。

開始は英国時間で8日金曜朝10時、日本時間では夕方18時。「The Hobbitathon Live」と名付けられたライブ配信イベントでは、トールキンの小説『ホビットの冒険』をサーキスが約12時間にわたってぶっ続けで朗読します。

生朗読配信は無料で視聴できますが、サーキスは英国で新型コロナウイルス感染症に対応する2つの団体への寄付を求めています。

寄付先は妊婦や新生児とその家族、子育て支援のためのサービス Best Beginnings と、英国の国民保健サービスNHSへの寄付をまとめる NHS Charieies Together。

Best Beginnings はアプリを通じて、新型コロナウイルスの流行で心身に不安を抱えた妊婦や母親、家族に専門家の監督に基づく支援をしています。

配信のURLはこちらの寄付ページで、本番前に告知される予定。寄付はゴールとして10万ポンド約1300万円が設定されており、達成できれば朗読の後半で「サプライズ」があります。誰が来るのか気になるところです。

Fundraiser by Andy Serkis : The Hobbitathon COVID 19 Appeal

アンディ・サーキスといえば、ゴラム / ゴクリ / スメアゴルのほかにも、モーションキャプチャ・パフォーマンスキャプチャを通じてリブート版猿の惑星のシーザー、リブート版キングコング、スター・ウォーズ フォースの覚醒・最後のジェダイの悪役 スノークなどを演じています。


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: andy serkis, gollum, The Hobbit, tolkien, charity, Covid-19, coronavirus, news, entertainment
0シェア

Sponsored Contents