Engadget

プラススタイルは7月27日から、テラが販売する窓ふき掃除ロボット「HOBOT388」の取り扱いを+Style本店で開始しました。

HOBOT388は、吸着モーターで窓や壁に張り付き、乾拭き・水拭きができるロボット掃除機です。本体重量は約915gと、窓ふき掃除ロボットにしては比較的軽量な為家庭内で取り回しやすいモデルとなっています。

掃除範囲はAIで自動認識し、一般的な掃き出し窓一面であれば、約5分で掃除が完了します。掃除時はやわらかくきめ細やかなマイクロファイバー製クリーニングパッドが2枚回転し、細かい汚れを拭き取ります。

乾拭きと水拭きの2モードが用意されており、水拭きでは同梱のHOBOT専用洗剤による清掃も可能です。

水拭きは超音波スプレーノズルによって霧状に窓の表面に水を噴射します。均等に吹き付けることで、人が窓ガラスに息を吹きかける状態を再現して、汚れを取り除くそうです。

Engadget

操作は付属のリモコン以外に専用アプリ連携でスマートフォンにも対応。落下防止対策で、「無停電電源装置」と「落下防止ロープ」を採用。停電対策でバックアップバッテリーを搭載し、20分間は落下しない仕様となっています。

HOBOT388(Amazon)

関連リンク:自動窓拭きロボット「HOBOT388」 +Style