とてもコンパクトに持ち歩けるスマホ用電動ジンバル「Hohem iSteady」シリーズから、新製品「Hohem iSteady V2」が発売しました。 Amazonでの販売価格は15999円です。

Hohem iSteady V2(Amazon)

電動ジンバルとしての機能は標準的なものですが、最大の特長はスマホホルダー部分に「AIビジョンセンサー」と「LEDライト」を搭載したこと。

Engadget

 LEDライトは動画内ではフリッカーで分かりにくくなってしまってますが、3段階の明るさ調整が可能です。これで自撮りもよりキレイに撮影できますね。 

  

Engadget

そしてAIビジョンセンサーに向けて指でOKマークを作ると、顔を認識して自動的に追従してくれるんです。 従来このフェイストラッキング機能は専用のスマホアプリで指定する必要があったのですが、本体のみで機能してくれます。 

Engadget

という事は、ホルダーに挟んで固定できるカメラであれば何でもフェイストラッキング機能が使えるということです。これは面白いですね! 

Engadget

  

スマホでも専用アプリではなく普段撮影に使っているカメラアプリや、ライブ配信などでもOK♪ 電動ジンバルの使い道が広がりそうです。 また両手親指のジェスチャーでポートレイトモードとランドスケープモードを切り替えることも可能です。  

  

スマホ用3軸電動ジンバルとしての機能も必要十分。 動作モードは以下の4種類。 ・パン&チルトフォローモード(デフォルト) ・パンフォローモード ・オールロックモード ・オールフォローモード また左側面のズームスライダーでズーミングを操作できるだけでなく、専用アプリで切り替えればフォーカス送りも手動で行なえます。 電動ジンバルというとスムーズな移動撮影ができる機器という印象でしたが、こうなるとソロ撮影時の強い味方になりそうです。

Hohem iSteady V2(Amazon)