HomePod

Apple Musicのロスレス品質による配信は、当初はHomePodやHomePod miniではサポートされず空間オーディオのみが利用できると発表されていました。が、新たに公開されたアップルのサポート文書から、これらデバイスも将来のソフトウェアアップデートでロスレス再生に対応することが判明しました。

新たなサポート文書によると、HomePodおよびHomePod miniは、現時点では「優れたオーディオ品質を確保するためにAAC(Advanced Audio Coding)を使用」として、AACすなわち非可逆圧縮方式ではロスレス再生できないと暗に言いつつ、それに代えて別のコーデックを使うと示唆している模様です。おそらくアップルのロスレス方式であるALAC(Apple Lossless Audio Codec)への対応が推測されます。

AirPodsやAirPods Proでロスレス再生できないのは、コーデック以前にBluetooth接続の伝送速度が限られているためです。今回の新たな文書でも、アップルは自社ワイヤレスイヤホン製品のみならず、Bluetooth接続を使う機器一般ではロスレス再生はサポートされていないと明言しています。

しかしHomePodやHomePod miniはWi-Fi接続機能を備えており、そちらでは将来的にWi-Fiスピーカー機能のアップデートによりALACに対応する可能性があるとの指摘もありました。それが今回、半ば公式に予告されたかっこうです。

またAirPods Maxについては、Lightning-3.5 mmオーディオケーブルを使ってロスレスやハイレゾロスレス再生する機器に「接続」できると述べられています。ただし、3.5mm端子に入ったアナログ音声がケーブル内でデジタル変換され、AirPods Max内部で再びアナログ変換されることから、完全なロスレス再生にはならないことは先日もお伝えした通りです

今回あらためてAirPodsやAirPods Pro、AirPods Maxのワイヤレス接続はBluetoothのためロスレス再生は対応してないと再確認されたことで、将来のソフトウェアアップデートにかけられた希望は断ち切られた感もあります。未来のAirPodsにWi-Fi機能が搭載されれば可能性があるとも思えますが、そもそもWi-FiはBluetoothよりも消費電力が大きくワイヤレスイヤホン向きではないため、やはり望み薄かもしれません。

Source:Apple

via:MacRumors