Engadget

Click HoldingsはMakuakeにて電動アシスト自転車「HONBIKE」のプロジェクトを実施中です。52%OFFの13万6000円で購入できる早割などを展開しています。プロジェクト期間は2021年6月29日までです。今回のプロジェクトで展開しているのは「黒・黒」と「赤・黒」のシックなカラーリングのモデルです。

Engadget
▲左から「黒・赤」「黒・黒」

「HONBIKE」のデザインに惹かれて、実車を見たい、乗りたいと思った筆者はMakuakeの担当者さんを通じて試乗する機会を頂きました。外観以外にも沢山の特徴的な機能があるので、1つづつご紹介します。

まずは、電動アシスト機能。5段階でアシスト可能で、ペダリングに合わせて自動出力でコントロールします。加えて、上り坂・下り坂を自動検知し合理的にアシストするそうです。最高設計速度は24km/hで、航続走行距離は約47〜35kmで、バッテリーは3200mAhで充電時間は約3.5〜4時間です。試乗時は、渋谷の急勾配な上り坂でも難なく登りきってくれました。

Engadget
▲前輪部にモーターが搭載されています
Engadget

ハンドルはメーターとブレーキハンドルが一体型。ハンドル右のコントローラーでアシストの段階を調整や、フロントライトのON・OFFができます。また、ハンドル左側にある小さな突起はベルです(とことん外観がシャープですね〜)。

実際に乗ってみると、ブレーキハンドルに関しては、外向きに開いているタイプと比べて握りにくさはありました。ただし、めちゃくちゃカッコいいので、オシャレは我慢、我慢かと。

サドルも一体型。本体からサドルが外せないような仕組みになっているのでサドル盗難の心配もナシ。サドルの高さは最低80〜90cmで調整可能で、推奨身長は150cm〜190cmです。

Engadget
▲前後のライトも一体化となっています

Engadget
▲チェーンがありません
Engadget
▲中身はこんな感じ

クローズ式シャフトドライブシステムを採用しているチェーンの無い自転車です。これがスタイリッシュな外観に寄与していることはもちろん、女性であればスカートを履いていてもチェーンに巻き込まれることがないので安心してライドできます。

Engadget
▲ロングスカートでも悠々と漕げます

Engadget

さらに、「HONBIKE」は折りたためます。910mmx460mmx830mmのサイズなるので、自動車に詰め込んだり、輪行袋に詰めて電車に乗り込んだりできます。チェーンレスなので、持ち運び時に手や車の中が汚れにくいというのも大きなポイントとなるでしょう。

「HONBIKE」の特徴を簡単にまとめます。

  • 電動アシスト

  • ハンドル・サドルが一体型

  • チェーンレス

  • 折りたたみ可能

これらの機能がきれいにまとまってるのが「HONBIKE」です。写真をみた時点でかなり欲しくなりましたが、実物に乗って更に物欲が刺激されました。1点惜しむらくは、ロック機能がないこと。分厚いチェーンを巻いてしまうと、この洗練された車体が勿体ないので……。ぜひとも次バージョンでは、セキュアなロック機能も一体化したモデルになって欲しいです。

Makuakeにて電動アシスト自転車「HONBIKE」のプロジェクトを実施中です。52%OFFの13万6000円で購入できる早割などを展開しています。プロジェクト期間は2021年6月29日までです。

関連リンク:HONBIKE(Makuake)