Honda
Honda

2018年のCESで、数台の自動走行ロボットカーのコンセプトを公開していたホンダは今回、そのなかのひとつでATVをベースとする多目的作業車3E-D8を発展させた、新バージョンとなる自動走行ロボットカーAutonomous Work Vehicle(AMV)を開発しています。

このAMVは、老舗エンジニアリング企業Black & Veatchとの共同開発で、紹介動画ではホンダ・アクティ(軽トラ)を首チョンパにしたような風体の自動運転作業車が、広大なアメリカの大地に建設中の太陽光発電施設を安全速度で移動している様子を見ることができます。

アクティ・トラックは最大積載量350kgですが、このAMVはドライバーがいないこともあり約400kgの荷物を積み込むことが可能。さらに最大750kgのトレーラー(というよりはリヤカー)を引かせることもでき、建設資材や水のような重量の嵩む荷物を作業現場に自動で搬入できます。また最大積載量でも状況によっては最大45kmの航続距離を持ち、真夏の炎天下でも最大8時間走り回れるバッテリーを備えているとのこと。

この動画では、複数のAMVが連携して作業する初めての実験をおこなう様子が紹介されています。Black & Veatchの技術者は、このような広大な場所では資材搬入にも時間がかかるもののAMVを利用することで、これまで作業員が運搬に費やしていた時間を他の作業に融通して作業効率を高められると説明しています。

目印の乏しい平坦な場所での自動走行を実現するにあたり、ホンダは現場の精細なマップデータを用意し、作業員が自由に資材運搬の出発点と終点を設定できるようにしました。AMVは設定に従って、GPS、レーダー、LiDAR、3Dカメラといったセンシング機器を駆使して走行します。

ホンダはAMVの市販化については何も言っていないものの、このプロトタイプの改良は続け、性能とデザインを向上していくと述べています。将来的には、様々なコンポーネントやツール類を追加装備できるようにする可能性もあります。たとえば小さなクレーンやアウトリガーを備えることができれば、荷物の積み込み作業も省力化でき、さらに活躍の場が拡がりそうです。

Source:Honda