5GやWi-Fi6に対応した10.4型「honor pad V6」中国で発表

価格は未定

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年05月19日, 午後 06:30 in tablet
0シェア
honor pad v6

HUAWEI傘下のHonorが、10.4インチのハイエンドAndroidタブレット「Honor Pad v6」を中国で発表しました。中国で6月に発売予定ですが、価格は不明です。

SoCにKirin 985を搭載し、5G対応モデルとWi-Fiモデルが用意されます。5Gモデルは中国4キャリア(中国移動、聯通、電信、広電)の5Gバンドに全対応しているとのこと。また、Wi-Fi6にも対応するハイエンドモデルとなっています。

ディスプレイは10.4インチ2000x1200のIPS液晶を搭載。四辺のベゼル幅は7.9mmで、画面占有率は84%になるとのこと。10点マルチタッチのほか、筆圧検知4096段階のスタイラスもサポートします。別途、専用のBluetoothキーボードも用意されます。

そのほかの仕様としては、RAM6GBにストレージは64GBと128GB。最大512GBのmicroSDをサポートします。背面カメラは1300万画素(F1.8)でフロントカメラは800万画素(F2.2)。バッテリー容量は7250mAhで連続13時間の動画再生が可能とのこと。なお、インターフェースはUSB Type-Cのみで3.5mmジャックはありません。

honor pad v6

価格についてはまだ発表されていませんが、Honorブランドなので低価格が期待できそうです。中国以外での展開については情報がありませんが、もし発売されれば、5Gに対応する安価なタブレットとして人気が出るかもしれません。ただし、Googleサービスが使えないのはネックですが。

source: Honor, Vmall


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: tablet, honor pad v6, mobile, Huawei, Android, honor, news, gear
0シェア