Horizon Forbidden West
Sony / Guerrilla Games

ゲームイベント Gamescom 2021 オープニングライブ配信のなかで、プレイステーションの看板RPG『Horizon Forbidden West』の発売日が2022年2月18日になることが発表されました。

『Horizon Forbidden West』(ホライゾン2、ホライゾン 禁じられた西部)は、2017年にPS4で発売され大ヒットしたSFオープンワールドRPG『Horizon: Zero Dawn』の続編。従来は2021年後半予定とされていたため、微妙に延期したことになります。

開発するソニー傘下のスタジオ Guerrilla Gamesのディレクター、Mathijs de Jonge 氏によれば、延期はやはり新型コロナウイルスの流行により開発体制が影響を受けたため。

『Horizon Forbidden West』は2020年の発表以来1年ほど新情報を明かさないままでしたが、今年5月の State of Play配信ではゲームプレイを一挙に15分ほど公開し、グラフィックの向上や様々な新システムを明らかにしていました。

新規要素として加わるのは、新装備プルキャスター(いわゆるグラップリングフック)を使った高速立体機動、シールドウィング(いわゆるパラセール)を使った高所からの滑空移動、潜水、近接攻撃アクションの拡張、地形のよじ登りなどトラバーサルの強化(「フォーカス」で手がかりハイライト等)などなど。

現代よりもはるかに進んだ科学文明が崩壊して千年後の地球という比較的フリーダムな舞台設定なので、ほかの人気オープンワールドゲームから臆面なく取り込んだ要素も「失われた古代文明のアーティファクト」として世界観を崩さず、前作プレーヤーならば観るだけで思わず声を漏らしそうな快適さ・楽しさになっているようです。

Horizon Forbidden West
Sony / Guerrilla Games

発売日の決定・延期発表にあわせて、前作のPS4版ホライゾンをPS5で後方互換モード動作した際、描画が本来の倍の滑らかさにあたる 60fps化する更新パッチも本日より配信が始まっています。

PS4『ホライゾン ゼロドーン』にPS5で60fps化パッチ配信。来年の新作に向け(再)履修促進