Horizon
Horizon

新作『Horizon Forbidden West』の微妙な延期と2022年2月発売決定にあわせて、ソニーはPS4版の前作『Horizon: Zero Dawn』がPS5動作時に60fps化するパッチを配信しました。

PS5ユーザーは無償のソフトウェア更新を適用するだけで、PS4版のホライゾンを本来の倍の滑らかさにあたる 60fps (秒間60コマ)で楽しめるようになります。

Horizon Zero Dawn
Horizon Zero Dawn

PS5はPS4のアーキテクチャを発展継承したハードウェアであるため、大多数のPS4ゲームが後方互換モードでそのまま動作しますが、PS5の性能をフルに活かすにはゲーム側に更新が必要です。

PS4時代の人気作、特にPS4 Proに対応した高画質化モードや高fps(パフォーマンス)モードのオプションを備えたゲームや、PS4時代の末期に作られたゲームのいくつかはすでに「PS5で遊べばグラフィックが豪華かつ滑らか」になるパッチを配布済みでしたが、2017年発売の初代ホライゾンはこれまで60fps化パッチの配布がないままでした。

『The Last of Us Part II』にPS5最適化アップデート配信。60fps・解像度向上・ロード時間短縮

5年前のPS4『ラチェット&クランク』にPS5で60fps化アプデ。無料配布は4月1日正午まで

PS5で『God of War』が4K画質と60fps両立、2018年のPS4版に無料アップデート

新章追加の『Ghost of Tsushima Director's Cut』8月20日発売。PS5版は4K/60fpsやDual Sense対応など

ソニー、PS4『Days Gone』をPCで今春発売。自社タイトルのマルチ化加速

独自エンジンの第一作だったホライゾンは60fps化に手間がかかる理由があるのか、それとも新作発表の節目に前作プレイを促すためタイミングを図っているのか、まさか無償パッチではなく新作と同時に有料の再リリースとしてバンドルするのでは、などと推測がありましたが、PS5でもようやく / めでたく無償パッチのかたちで60fpsで遊べるようになります。

PC版ホライゾン ゼロ ドーンは2020年8月7日発売、DLC同梱でグラフィック強化のコンプリート エディション

ホライゾン ゼロ ドーンは2020年夏にPC版もリリース済みのため、そちらでは60fps動作ができました。ただしPSとPC間でセーブデータの引き継ぎ等はできないため、買い足して最初からでも気にしない熱心なファンか、PS4版をプレイしていないホライゾンデビューのプレーヤー向け。

PS4版の既存プレーヤーで引き継いで遊びたい場合、PS5を手に入れて新作に向けて前作を履修しておきたかったプレーヤーにとってはうれしいニュースです。