SASUKE風3Dアクション『Hot Lava』マグマで溢れかえった学校へGO!:発掘!インディゲーム+

マグマに落ちたら一発アウト🤯

龍田優貴(Yuuki Tatsuta)
0シェア
FacebookTwitter

ゲームタイトル配信プラットフォーム「Steam」でプレイ可能な作品の中から、”今話題の人気作”や”ツッコミ必至の珍作”まで、見逃し厳禁のおすすめインディーゲームをピックアップ!今回ご紹介するのは『Hot Lava』です。

発掘!名作ゲーム 連載一覧

image

『Hot Lava』は、Klei Entertainmentが開発を手掛けた3Dアクションゲーム。マグマで覆われたステージを舞台に、緊張感溢れるパルクールアクションが楽しめます。

マグマに触れると即死!危険な学校を駆け抜けろ

image

本作における最大の特徴は、ずばり"ステージの構造"。床にはこれでもかとマグマが敷き詰められているため、地面に足をつけた時点で即死はまぬがれません。とは言え足場は危険な場所にあることも多く、危険を承知で飛び込む勇気も必要。ゆえに慎重かつ大胆なプレイングが求められます。

image

基本アクションは大きく分けて2つ。キャラクターの移動(W・A・S・Dキー)と、離れた足場へ飛び移る際のジャンプ(スペースキー)です。複雑なコマンド操作こそ無いものの、キャラクターコントロールとジャンプの精度がとにかく重要。焦らず騒がず、溶岩を避けながら安全地帯を進んでください。

image

各ステージの目標地点に漂う結晶体は、プレイヤーの進行方向を示すガイドの役割を果たしています。触れることで行くべき道が明らかとなるので、まずは結晶体を目指してステージを探索しましょう。

ステージ内のギミックを活用

image

ステージ内のギミックは先へと進み続ける上で必要不可欠。例えばトランポリンの場合、空中から踏みつけることで、通常より高く飛び上がることが可能。普通では登れないような場所も軽々と到達できるでしょう。

image

壁からせり出したパイプを掴むと、壁面を這いながら移動距離を稼げます。パイプから手を離す際は、必ず足場の方を向いてから着地すること。何もない場所へ降りると、あっという間にマグマへ飲み込まれてしまいます。

image

まるで「ターザン」のように空中を移動できるロープ。しっかりと掴んでおけば、勢いそのままに大ジャンプも夢ではありません。もしロープが立て続けに並んでいる場所なら、次から次へと飛び移るジャンプアクションも可能です。

足場に出来そうなオブジェクトを探し出そう

image

「辺り一面マグマだらけで動けそうにない……」。と諦める前に、まずは部屋のレイアウトや置かれているオブジェクトを丁寧に観察しましょう。とても進めそうに無い場所でも、小さい椅子やロッカーの上、絵画フレームの僅かな額縁など、使えそうな足場を見落としていることがあります。

image

基本中の基本ですが、キャラクターひとり分にも満たない通路を通る際は、必ずゆっくりと歩くこと。慣れてくればダッシュ移動もアリとはいえ、落下ミスを防ぐためにも最初は慎重に通る方が無難です。特に鉄製ポールの上は要注意。視点が動いて足を滑らせないよう、マウスの動作に気をつけてください。

image

結晶体を辿っていけば迷うことなくゴールへ到着できるはず。クリア後は到達タイム、達成したミッション(地面へ落下しない等)に応じてスターが貰えます。一度クリアしたステージは何度でもリトライOK。次のステージへ進むか、それとも同じステージに何度も挑戦するかはプレイヤーの自由です。

image

本作ではステージ攻略に加え、プレイ中に入手したパーツを使ってキャラクターカスタマイズも行えます。頭部をはじめ、背部やトレードマークのステッカーなど、各部位ごとに細かくパーツを設定可能。一息つきたくなった時は心ゆくまでカスタマイズを楽しむのもオススメです。

学校の教室や体育館、遊具満載の公園にユーザーが自作したコミュニティステージまで、個性豊かな地形でパルクールアクションに挑める『Hot Lava』。メインとなるシングルプレイモードのほか、複数人でクリアタイムを競うオンラインモードも実装しており、一人でコツコツと腕を磨き、オンラインの場で己のテクニックを披露する……といった遊び方も楽しめます。

歯ごたえのある3Dアクションに目がない方。もしくは「身近な風景でパルクールにチャレンジしてみたい!」といった願望をお持ちの方、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Hot Lava(Steam)

発掘!名作ゲーム 連載一覧


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 発掘インディーゲーム, excavationgame, game, games, pc, PC Gaming, PcGaming, steam, windows, news, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents