ソニーは新型サウンドバー「HT-A5000」を海外発表しました。従来モデルよりも、スペックと価格を抑えた製品となっています。

サウンドバーはテレビと組み合わせて使うことを想定した、横長な形状のスピーカー。これまでソニーは上位モデルとして、7.1.2chのサラウンドシステムに対応した「HT-A7000」を販売していました。

今回のHT-A5000はスピーカー数を減らし、5.1.2chチャンネルでのサウラウンド再生を実現。またHDMI 2.1(eARC)入力が1ポートに削減(HT-A7000は2ポート)されている他は、上位モデルと同等の再生機能を搭載しています。

HT-A5000はDolby Atomsだけでなく、DTS:Xによるサラウンド再生に対応。さらに幅広い音場を作り出す「S-Force PROフロントサラウンド」技術や、2基の上向きスピーカーによって頭上からのサウンドを再現する「Vertical Surround Engine」技術も搭載されています。

本体にはX-Balancedドライバーを7基、フロントにビームトゥイーターを1基搭載。さらに、別売のサブウーファー「SA-SW5」「SA-SW3」やリアサテライトスピーカー「SA-RS3S」との連動も可能です。ソニーの「ブラビア」テレビと組み合わせれば、テレビのフロントスピーカーと連携する「アコースティックセンターシンク」機能も利用できます。また、内蔵マイクを利用して部屋内での音場を調整するキャリブレーション機能も搭載しています。

HDMI eARCポートでは8K HDR、4K/120Hz、Dolby Visionのパススルー出力が可能。ワイヤレス再生ではBluetoothやWiFi接続によるAirPlay 2、Chromecast、Spotify Connectへの対応、さらにGoogle アシスタントやAlexaの利用もできます。ハイレゾ音源やサラウンド音源「360 Reality Audio」が再生でき、AIによる高音質技術「DSEE Extreme」も搭載しています。

HT-A5000の海外価格は900ドル(約9万9000円)で、今秋に販売予定。サウンドバーといえば先日には米Boseが同価格帯のフラッグシップモデル「Smart Soundbar 900」を発表したばかりですが、ソニーのHT-A5000はより豊富なサラウンド機能で対抗することになりそうです。

Source: Sony